安全運行を妨げる台風の接近 鉄道が影響を受ける雨と風の強さはどのくらい?

台風の強い風と雨は鉄道の安全運行を妨げるため、一定の基準で徐行、運転見合わせなどの措置が執られます。風雨がどれぐらいの強さになると、鉄道は影響を受け出すのでしょうか。

電線の揺れや鳴りも参考に

 7月としては過去最大級とされる台風8号が、日本列島に接近しています。はたしてどの程度の風雨を観測すると、鉄道の運行に影響が出るのでしょうか。

 まず風について。強風のなかを走行すると列車が風に煽られ、脱線転覆するおそれがあります。そのため基準となる瞬間風速を観測した場合、安全性を考えて徐行や運転見合わせといった措置が執られます。

荒天で風が強い場合でもその影響をできるだけ減らせるよう、鉄道会社は鉄橋の側面に防風柵を設置するなど、対策を進めている。

 JR在来線の場合、瞬間風速20m/s以上で列車の速度制限を行います。そして25m/s以上で運転見合わせです。新幹線についても20m/s以上で段階的に速度制限、運転見合わせが行われます。

 私鉄の場合は、瞬間風速25m/s以上で運転見合わせになる会社が多く見られます。都営地下鉄東武小田急東急は25m/s以上で運転見合わせです。東京メトロは20m/s以上で東西線が、25m/s以上で全線が運転見合わせになります。

 西武は瞬間風速20m/s以上から速度制限が始まり、30m/s以上で運転見合わせになります。

 京成京急は瞬間風速25m/s以上で速度制限、30m/s以上で運転見合わせ。京王は15m/s以上で速度制限、25m/s以上で運転見合わせです。

 この台風で70m/s以上の瞬間最大風速が予想されている沖縄のモノレールゆいレール」では、15m/sで速度制限、25m/sで運転見合わせです。70m/sはとてもではありませんが、鉄道を安全に運行できる状況ではありません。

 気象庁によると、瞬間風速がおおよそ20m/sになると電線が鳴り始めることが多いそうです。電線の揺れが強くなってきたら、音が鳴り出す前に家路を急いだほうが良いかもしれません。もちろん状況によって一概には言えませんので、あくまでご参考までに。

この記事の写真一覧

  • 20140708_taip
1 2

関連記事

最新記事

コメント