「キティ列車」「トワイライトEXP」も登場 「和歌山DC」9月スタート

毎年、数ヶ所について行われている「デスティネーションキャンペーン」。9月からは和歌山が舞台で、特別列車の運転、特別駅弁の制作といった様々なイベントが行われます。

和歌山×「ハローキティ」

 2014年9月14日(日)から12月13日(土)まで、「和歌山デスティネーションキャンペーン(わかやまDC)」が開催されます。これに伴い和歌山県では観光列車「ハローキティ 和歌山号」、寝台特急「トワイライトエクスプレス」の車両を使った団体臨時列車運転されるほか、様々なイベントが行われる予定です。

 「デスティネーションキャンペーン(DC)」とは貨物を除くJR各社と地方自治体、観光事業者などが連携し、あるひとつの地域について期間を区切り、全国的に広告、宣伝を展開する大型観光キャンペーンのこと。現在は「山形DC」が開催中で、などにその広告が多く見られますが、それが9月からは「和歌山」になります。

観光列車「ハローキティ 和歌山号」の車両。「熊野川舟下り」や「那智の滝」、「熊野古道(大門坂)」といった和歌山の名所と「ハローキティ」がコラボする。

 観光列車「ハローキティ 和歌山号」は、内外装に「ハローキティ」と和歌山の名所を描いたラッピング車両を使い紀伊半島南部、紀勢本線の新宮~串本間で運転されます。海側の座席は窓を向く形で設置されているため、太平洋の水平線を存分に満喫できます。

 運転日は9月13日(土)~12月14日(日)の土休日、合計33日。走行は1日2往復で、乗車には乗車券のほか座席指定券(520)が必要です。

この記事の写真一覧

  • 20140804_wakayama
1 2

関連記事

最新記事

コメント