緑と白の200系新幹線がラベルに復活 「FROM AQUA」発売30周年記念で

JR東日本グループが発売するミネラルウォーターが30周年を迎え、緑と白の初代東北・上越新幹線用の車両200系が描かれた懐かしいデザインが、駅の自動販売機に復活しました。ちなみにこのミネラルウォーター、新幹線をきっかけに誕生した商品だったりします。

新幹線が描かれていたミネラルウォーター

 白地に緑色の初代東北・上越新幹線車両、200系が期間限定で復活しています。とはいえ本物の車両がではなく、JR東日本グループが発売するミネラルウォーターのラベルに、です。

 現在、JR東日本ウォータービジネスがの自動販売機やコンビニなどでミネラルウォーター「FROM AQUA(フロムアクア)」を販売していますが、その前身は「大清水」という名前のミネラルウォーターで、発売当時の「大清水」ラベルには、200系新幹線が描かれていました。

 2014年秋、「FROM AQUA」がその「大清水」時代から通算して発売開始30周年を迎えたことから、「大清水」発売当時のラベルがイメージされたミネラルウォーター「谷川連峰の源水 大清水復刻版」が登場。実物の200系新幹線は2013年にすべて引退してしまいましたが、ラベルとしてこのたび200系新幹線が復活したというわけです。

緑と白の200系新幹線が描かれた「谷川連峰の源水 大清水復刻版」(写真:JR東日本ウォータービジネス)。

 この「谷川連峰の源水 大清水復刻版」は280ml入りのペットボトルで、数量限定。現代の「FROM AQUA」における大きな特徴「落ちないキャップ」を備えたペットボトルでの発売です。JR東日本ウォータービジネスによると「30年の伝統とロマン、そして変わらぬ品質をあらわした」とのこと。1984(昭和59)年に発売された当初の「大清水」はスチール缶でしたが、今回は進化したペットボトルでの販売という点に、30年という時代の流れを感じます。

 販売場所はJR東日本の駅ナカ次世代自販機、エキナカ一部店舗(期間限定)などで、価格は税込み100円です。

この記事の写真一覧

  • 20141024_ooshimizu
1 2

関連記事

最新記事

コメント