「上野東京ライン」ダイヤ概要発表 常磐線はやはり品川止まり

JR東日本は2015年3月14日に開業する「上野東京ライン」のダイヤについて、概要を発表。やはり独自性の高い常磐線は、運行形態も独特になりました。また常磐線には、30年ぶりにある列車が復活します。

宇都宮・高崎線とは事情が異なる常磐線

 2014年10月30日、JR東日本は「上野東京ライン」が2015年3月14日に開業することと、そのダイヤの概要について発表しました。

2015年3月14日に開業する「上野東京ライン」のロゴマーク(資料:JR東日本)。

 宇都宮線と高崎線の列車は東海道本線と直通運転を実施。そのため高崎~小田原といった列車が、東京経由の「上野東京ライン」と新宿駅経由の「湘南新宿ライン」の2系統で運転されることになります。

 常磐線も上野東京ラインを使い東海道本線内まで走りますが、車両や編成が違うことによる常磐線の独自性から、やはり東海道本線の列車との相互直通運転は難しいと思われ、品川駅~常磐線間での運転になります。常磐線の独自性について、詳しくは次のページをご覧ください。

「開業迫る上野東京ライン 常磐線に憶測渦巻く」
http://trafficnews.jp/post/36369/

 常磐線の列車が上野東京ラインへ直通し品川駅まで走るのは、東京駅をおおむね8時以降に通る朝通勤ピーク時間帯からです。またこのとき直通運転を行うのは、緑の帯を巻いて取手以南で運行される「快速電車」のみになります。

 日中は、青い帯を巻いた土浦方面からの列車のうち一部が品川駅発着になります。そして夕・夜は取手以南の「快速電車」が品川駅発着になります。

 簡単にまとめると、朝の通勤ピーク時間帯は緑の帯を巻いた取手以南の「快速電車」が、日中は土浦方面からの青い帯を巻いた列車が、夕方以降は「快速電車」が品川駅まで行く、いうことです。常磐線の特急列車については後述します。

 運転本数は、朝の通勤ピーク時間帯で宇都宮線、高崎線、常磐線とも各5本です(東京駅をおおむね8時から9時に通る各線区から東京・品川方面への列車本数)。

この記事の写真一覧

  • 20141030_uenotokyo
1 2

関連記事

最新記事

コメント