知事選で高まる気運 リニアモーターを使った沖縄の「普通鉄道」建設構想とは

沖縄県にはリニアモーターを使う「普通鉄道」の建設構想が存在。2014年11月16日に投開票される同県知事選挙でも各候補が何らかの形での鉄道建設を公約にするなど、同地で新鉄道誕生の気運が高まっています。沖縄県の「普通鉄道構想」とはどんなものなのでしょうか。

全国最下位の「混雑時平均行速度」

 沖縄県には現在、沖縄都市モノレールゆいレール)という鉄道があります。ただ2本のレール上を走り、高速性や輸送力の面で有利な「普通鉄道」は存在していません。かつては旅客営業を行っていた普通鉄道が沖縄を走っていましたが、太平洋戦争で運転中止に追い込まれ、そのまま消えてしまいました。

 普通鉄道が存在せず、主な交通手段が自家用車やバス、オートバイである沖縄県では道路渋滞が激しく、那覇市における「混雑時平均旅行速度」は2005年度が13.7km/h、2010年度が12.9km/hと、共に全国で最下位でした(資料「道路交通センサス」H17、H22)。沖縄県は同県に普通鉄道がないこと、米軍基地の存在や無秩序な市街地形成、急激な自動車交通の増加といった歴史的、社会的事情によって「慢性的な交通渋滞、公共交通の衰退、環境負荷の増大などの問題」が生じているとしています。

 この問題を解消し、沖縄の振興を図るため同県には普通鉄道の建設構想があります。そして毎日新聞によると、2014年11月16日に投開票される沖縄県知事選挙では4人すべての候補者が、何らかの形で沖縄へ鉄道を建設することを公約にしました。

この記事の写真一覧

  • 20141109_okinawa1
  • 20141109_okinawa2
1 2 3

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 構想から路線計画まで見ているが、結局「ゆいレール」の反省を活かせていない敷設。
    結局、各行政の「ここも敷け、ここに駅作れ」という既にスプロール現象まみれになった
    那覇~コザ(沖縄)まで、まあ変な作りなうえに、「旧具志川市」への配慮…。
    これはどうなんですかね。曲がりくねった古い街に作るより、利便性と速達性を考えて
    新しい街づくりをすれば良いのに、沖縄は議員さんやリケンさんが力強いからねぇ…。
    ゆいレールのグネグネ行ったり来たりという不便なのも結局彼らの影響。
    それと、そもそも沖縄は自然人口増加を言われているが、実は県も2020年代から
    人口減少する見込みであることは把握済み。その上で現在移住者を募集するほど。
    渋滞の原因もスプロール現象と共に、信号の非同期、非効率、矢印式ではなく
    田舎にあるような時差式信号まみれ等、本土の人間からしたら「こりゃ混むように
    街を作ってるようにしか思えない」有様なだけ。さぁ、こういった事実をひた隠し
    「車人口が多い」(事実だが)、「人口が増え続けている」「観光客の増大」ばかり主張し
    リケンズブズブの鉄道計画に一部の政治家と金持ちとリケン絡みがシャンシャンと
    進めていく事に、誰も何も言わずに事は進んでいく。沖縄在住十余年のナイチャーの意見。