「超快速」は北陸新幹線への刺客? 諦めない北越急行

新潟県の北越急行は来年3月から「超快速列車」を走らせると発表しました。同鉄道は北陸新幹線金沢延伸により、経営に大打撃を受けます。「超快速列車」はそこで北陸新幹線に一矢報いる「刺客」である可能性があります。

「はくたか」に代わる新しいシンボルとして

 新潟県の六日町と犀潟駅を結ぶ北越急行が2014年11月4日、来年3月のダイヤ改正から運転する「超快速列車」(仮称)の計画について発表しました。

 北越急行は、越後湯沢駅で接続する上越新幹線と連携し、東京と北陸方面を結ぶ特急「はくたか」のルートになっている路線です。しかし2015年3月14日の北陸新幹線金沢延伸に伴い、役目を終える特急「はくたか」は廃止されます。

 そこで北越急行は「超快速列車」を、「『はくたか』に代わり皆様に親しんでいただけるほくほく線のシンボルとなる列車」にするとしています。

「超快速列車」に使用される北越急行HK100形電車(2013年8月、恵 知仁撮影)。

 計画されている「超快速列車」の運転区間は以下の通りで、両端でJR東日本線へ直通します。越後湯沢駅は上越新幹線との乗換駅で、直江津駅は新潟県上越地方の中心都市、上越市の主要駅です。

越後湯沢~(JR東日本上越線)~六日町~(北越急行ほくほく線)~犀潟~(JR東日本信越本線)~直江津

 越後湯沢~直江津間の距離は合計84.2km。具体的な所要時間や停車駅は未定ですが、「超快速列車」は同区間を1時間で結ぶとしています。

この記事の写真一覧

  • 20141110_chokaisoku3
  • 20141110_chokaisoku1
  • 20141110_chokaisoku2
1 2 3 4

関連記事

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 一日も早く、「新潟中央環状線=越後曽根~白根中央~新津間」が早期に着工される事を強く望みます!

  2. 速さでは新幹線には敵いません。
    違った旅の楽しみ方を提案をしてみては?。
    私が考えるのは、レストラン列車!。
    食堂車を連結。と言うようなモノでは無く、
    全車食堂車(高級なレストラン風の車両)。
    ゆっくりと食事を楽しみながら、素晴らしい景色を眺め、のんびりと旅をする。
    時間と、ゆとりのある人達に、そんな旅を楽しんでいただくのもいいのでは?。