「ブルートレイン」は死語に? 「クルーズトレイン」が物語る夜行列車廃止の理由

青い客車を連ねた「ブルートレイン」。鉄道ファンでなくとも知名度の高い言葉だと思われますが、もはや1列車しか残っておらず「死語」になるかもしれません。近年、廃止が相次ぐそうした夜行列車。理由として車両の老朽化などがよく挙げられますけれども、必ずしもそうとは言えなさそうです。

定期的に走る夜行列車は2つだけに?

 1956(昭和31)年11月19日、戦後初の夜行特急「あさかぜ」が東京~博多間で運転を開始しました。この「あさかぜ」は登場から2年後の1958(昭和33)年10月1日、使用車両を青地に白帯が入った20系客車に変更。最初の「ブルートレイン」になります。

品川の車両基地に停車する「ブルートレイン」の車両。左が20系客車(1988年5月、恵 知仁撮影)。

 しかしそれから60年近く経過した現在、「ブルートレイン」は風前の灯火です。2014年11月現在、残っているのは上野~札幌間を結ぶ寝台特急「北斗星」しかありません。それも北海道新幹線の開業に伴い、2015年度で廃止が検討されていると2014年5月、朝日新聞が伝えています。

「ブルートレイン」に限らず、夜行列車そのものが非常に少なくなりました。定期的に運転される列車以外に臨時列車、団体専用列車を含めても次の11種類のみです。

【定期】寝台特急「北斗星」(上野~札幌)
【臨時】寝台特急「カシオペア」(上野~札幌)
【臨時】寝台特急「トワイライトエクスプレス」(大阪~札幌)
【臨時】寝台特急「あけぼの」(上野~青森)
【定期】寝台特急「サンライズ瀬戸」(東京~高松)
【定期】寝台特急「サンライズ出雲」(東京~出雲市)
【定期】急行「はまなす」(青森~札幌)
【臨時】快速「ムーンライト信州」(新宿~白馬)
【臨時】快速「ムーンライトながら」(東京~大垣)
【臨時】特急「尾瀬夜行」「スノーパル」(浅草~会津高原尾瀬口)
【団体】「ななつ星in九州」(博多~博多)

 このうち「トワイライトエクスプレス」は2014年度での廃止が決定しており、「カシオペア」と「はまなす」は「北斗星」同様、北海道新幹線の開業で廃止が検討されていると報道されています。

 つまり、北海道新幹線が開業すると「北斗星」が廃止され「ブルートレイン」が絶滅するほか、定期的に運転される夜行列車が「サンライズ瀬戸」「サンライズ出雲」のみになる可能性があるのです。

 ちなみに寝台特急でも、客車の色が青いなどの要件を満たさないと「ブルートレイン」とは呼びません。

この記事の写真一覧

  • slide1
  • 20141119_bluetrain1
  • 20141119_bluetrain2
1 2 3

関連記事

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 毎日25本も出ていたのですねぇ、そう思うとブルトレがなくなるなんて、嘘のようです。

  2. 夜行列車のない鉄道会社にロマンなど感じることは無い。もう汽車旅を気軽に楽しむ時代は終わった。これからはキャンピングカーで気ままな旅に出るのが乙かな。