北九州のICカード乗車券はモノスゴカ!

北九州モノレールはICカード乗車券を導入するにあたって、その名称を「mono SUGOCA(モノスゴカ)」にすると発表しました。北九州モノレールらしいカードデザインにも注目です。

JR九州の「SUGOCA」をモノレールに導入

 北九州モノレール(福岡県北九州市)は導入予定のICカード乗車券について、その名称を「mono SUGOCA(モノスゴカ)」に決定したと発表しました。

 「mono」は「モノレール(monorail)」が由来で、「ICカードで“も”っと“乗”ろう」という思いを込めたといいます。

 また「SUGOCA(スゴカ)」は、JR九州が導入したICカード乗車券の名称です。この「SUGOCA」を北九州モノレールでも採用するにあたって、北九州モノレールが発行する「SUGOCA」についてはその名称が「mono SUGOCA」になった、という形になります。北九州モノレールでの導入は2015年秋が予定されていますが、詳細については決定し次第、改めて発表するそうです。

 この名称は、北九州モノレールが2014年6~7月に実施した「ICカード名称のアイデア募集」の結果を受け、決定されました。応募総数は705件で、「mono SUGOCA」には類似アイデアを含み282件の応募があったといいます。

この記事の写真一覧

  • 20141126_monosugoka
1 2

関連記事

最新記事

コメント