京浜東北線にもホームドア導入へ 首都圏JR在来線で2路線目

JR東日本は安全性の向上を図るためホームドアの導入を進めており、京浜東北線の大井町駅でも設置が検討されています。これが実現すれば首都圏のJR在来線において、京浜東北線が山手線に続き2路線目のホームドア導入路線になる見込みです。

現在は山手線のみのホームドア

 JR東日本は2014年11月27日、京浜東北線の大井町(東京都品川区)でホームドアの導入を検討すると発表しました。同線でのホームドア導入はまだ行われておらず、実現すれば大井町駅が京浜東北線で初となります。

京浜東北線大井町駅ホームへは、10両編成分の可動式ホーム柵設置が検討されている(資料:JR東日本)。

 国土交通省によると2014年9月末現在、首都圏のJR在来線でホームドアが設置されているのは山手線のみで、2010年6月に恵比寿駅から導入を開始。続いて目黒、大崎、池袋、大塚、巣鴨、駒込、新大久保、目白、高田馬場、田町、御徒町、西日暮里、有楽町の合計14駅に設けられています。

 そのため大井町駅へのホームドア設置が実現すれば、京浜東北線は首都圏のJR在来線において2番目にホームドアを導入した路線になります。

 JR東日本はその「グループ経営構想V(ファイブ)~限りなき前進~」において、今後の重点取り組み事項として「ホームドア第2期整備計画の策定」を挙げており、「国、東京都および品川区のご協力をいただき、京浜東北線大井町駅へのホームドア導入に関する設計を進めてまいります」と述べています。

【了】

Writer: 恵 知仁(鉄道ライター)

鉄道ライター、イラストレーター。「鉄道」や「旅」に関する執筆活動や絵本の制作を行っているほか、鉄道車両のデザインにも携わる。子供の頃からの旅鉄&撮り鉄で、日本国内の鉄道はJR・私鉄の全線に乗車済み。完乗駅はJRが稚内で、私鉄が間藤。メインは「鉄道」だが、基本的に「乗りもの」好き。

この記事の写真一覧

  • 20141126_oimachi

関連記事

最新記事

コメント