鉄道ファンはなぜ特急「北アルプス」が好きなのか その十分すぎる理由

名鉄の特急「北アルプス」の廃止に腹を立て、JR東海の列車運行を妨害した男性が逮捕されました。その行為は決して肯定できませんが、「北アルプス」が面白い列車という点については、否定する鉄道ファンは少ないかもしれません。この列車、実は「鉄分」を大変くすぐる列車なのです。

「鉄分」が反応しやすい「北アルプス」

 2014年12月2日、東海道本線の線路へ自転車を投げ入れた鉄道ファンの男性が愛知県警に再逮捕されたと、朝日新聞が伝えました。同紙によると、この男性は以前にもウソの電話をかけてJR東海列車運行を妨害。今年11月11日に逮捕されていました。

 またこの鉄道ファンがJR東海に妨害行為を行った理由として、JRのせいで2001年、好きな名古屋鉄道(名鉄)の特急「北アルプス」が廃止されたからと報道されています。

特急「北アルプス」に使用されていたキハ8500系車両は2001年の列車廃止後、会津鉄道(福島県)に譲渡され、2010年に引退した(2008年1月、恵 知仁撮影)。

 決してあってはならない今回の事件ですが、ただ「北アルプス」という特急が好きだったという点だけについては、同意する鉄道ファンは少なくないと思われます。様々な個性を持っており、2001年に名鉄自身がその資料館で「廃止から10年・北アルプス号」という特別展を開催するような列車だったからです。

 名鉄特急「北アルプス」のどんな点が「鉄分」をくすぐるのかというと、まず「直通」が挙げられます。

 この列車は2001年に廃止された当時、名鉄の神宮前(名古屋市熱田区)から名古屋本線と犬山線を経由し、新鵜沼駅(岐阜県各務原市)より連絡線へ進入。JR東海の高山本線鵜沼駅に抜けて、高山駅(岐阜県高山市)まで走っていました。JRと第三セクター鉄道、また通勤電車の直通運転は珍しくないですが、名鉄のような大手私鉄の特急がJRへ直通運転する例はあまりありません。

 しかもこの「北アルプス」、1984(昭和59)年まではさらに別の私鉄にも直通していました。高山本線の終点の富山駅から、富山地方鉄道へ直通。名鉄の神宮前駅と富山地鉄の立山駅という異なる私鉄の駅を国鉄(JR)線経由で結ぶという、かなり個性的な列車だったのです。

この記事の写真一覧

  • 20141203_meitetsu
1 2

関連記事

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 駅名の誤字があります。飛驒小坂 と、正しく表記してください。少なくとも、飛弾 とか、小阪というのは修正を。
    飛驒が書けなければ、飛騨。

  2. 大手で乗り入れが稀って言ってもそもそも大手って意外と標準軌が多いから仕方が無い。
    同じ狭軌に限れば東武や小田急もやってるから割合的にはあまり稀って程でもないかな?