高速道路が影響 縮小していく房総特急

北陸新幹線の開業など、未来志向の話題が多く見られる2015年3月のJRダイヤ改正。しかし千葉県の房総半島方面では、明るくない話題も目立ちます。その大きな理由は高速道路。かつて季節によって特別ダイヤも組まれた房総の鉄道ですが、往時とは大きく変わりつつあります。

減便、一部区間廃止、全区間廃止

 2015年3月14日に行われるJR東日本ダイヤ改正。北陸新幹線や上野東京ラインの開業など未来志向の話題が多いダイヤ改正ですが、減便、廃止といった明るくない話題も目立つエリアがあります。千葉県の房総方面です。

 まず東京、新宿駅と成東駅、銚子駅方面を結んでいる総武本線の特急「しおさい」について、現在は上り下り合わせて17本の列車運転されていますが、ダイヤ改正後は3本減って14本に。新宿駅発着の列車はなくなります。また全列車が飯岡駅へ停車します。

 東京駅と茂原駅、安房鴨川駅方面を結んでいる京葉線・外房線の特急「わかしお」については現在、上下26本の列車が運転されていますが、日中の1往復が減便されて合計24本になります。また土曜休日や繁忙期には引き続き、新宿駅発着の「新宿わかしお」といった臨時特急が運転されます。

 東京駅と君津駅、館山駅方面を結んでいる京葉線・内房線の特急「さざなみ」については現在、上下12本の列車が運転されていますが、ダイヤ改正後は下り5本、上り3本の合計8本になり、全列車が東京~君津間での運転に。君津~館山間では定期運転される特急がゼロになります。また土曜休日や繁忙期には引き続き、新宿駅発着の「新宿さざなみ」といった臨時特急が運転されます。

2015年3月のダイヤ改正で廃止される特急「あやめ」(2009年3月、恵 知仁撮影)。

 そして東京駅と佐原駅、鹿島神宮駅、銚子駅を結んでいる総武本線、成田線。鹿島線の特急「あやめ」については現在、2往復が運転されていますが、2015年3月のダイヤ改正で列車が廃止になります。

この記事の写真一覧

  • 20141221_chiba1
  • 20141221_chiba2
1 2

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1.  アクアラインの影響で内房線などの房総地区の鉄道の衰退が懸念されていますが、私はこのような衰退を打破するために内房線を東京湾海底トンネルで線路を伸ばして東京都心へ乗り入れることを強く提言します。鉄道こそ房総半島から東京湾を横断して高速バスからの巻き返しを図るべきです。
     内房線などの鉄道がアクアラインに敗退を強いられているのは距離的な面で問題があることは誰から見ても明らかな要因です。道路が東京湾を渡っているのになぜ鉄道はいまだに総武線・京葉線を経由してわざわざ遠回りしなけれならないのでしょうか?電車は高速バスより旅客の大量輸送が可能で定時輸送が保障されるという強みを東京湾海底トンネル鉄道に生かさないのはあまりにももったいないと私は考えます。
     建設費の面で東京湾海底トンネル鉄道の計画はちゅうちょされなければならないでしょうか?現在のトンネル工事はシールド工法が主流でかなり安く簡単に工事がしやすいといわれています。しかも対岸の東京ではJR自己負担での羽田空港アクセス新線が建設されようとしています。これを海底トンネルで内房線につなげないのはもったいないです。
     内房線はこのまま総武線・京葉線直通に甘んじていいのでしょうか?このままの状態だと旅客は高速バスへますます流れていき内房線はさらに減便をせざるを得ないという負のスパイラルを強いられる一方だと私は考えます。本当の意味で内房線など房総地区の鉄道の衰退を打破したいのなら東京湾海底トンネル鉄道構想も視野に入れるべきであると私は提言します。