一度だけ新車を全部つなげて運転 くま川鉄道

熊本県のくま川鉄道は5両の新型車両すべてが揃ったことを記念し、その5両をすべて連結。最初で最後の臨時運行を行います。ただし、一般の旅客は乗車できません。

「春」「夏」「秋」「冬」「白秋」、一度だけのカラフルな5両編成

 熊本県の球磨地方を走るくま川鉄道(人吉温泉~湯前)は、2014年12月に新型車両5両が揃ったことから、その5両を連結して特別に、1回限りの臨時運行を行うと発表しました。

「秋」「冬」「春」の3両で走るくま川鉄道KT-500形。土休日などは地元物産品やサービスで“おもてなし”する観光列車「田園シンフォニー」としても走行(画像:くま川鉄道)。

 この新型車両は、2014年1月から12月までに同鉄道へ5両が導入されたKT-500形というディーゼルカー。5両それぞれに季節のテーマが設定され車体色が異なるほか、沿線の田園風景にちなみベートーベンの交響曲「田園」の一節をモチーフにした音符、ト音記号が描かれていることなどが特徴です。

 この臨時列車運転されるのは2015年1月15日(木)。人吉温泉発11時11分の湯前着12時07分、湯前発12時31分の人吉温泉着13時15分の1往復です。

 編成は人吉温泉側からKT-501(冬・茶)、KT-505(白秋・白)、KT-502(秋・赤)、KT-504(夏・青)、KT-503(春・黄)。括弧内は、その車両のテーマになっている季節と車体色です。

 ただしこの臨時列車に、一般客の乗車はできません。また今後、こうした新型車両を5両連結しての走行は行わないとのこと。5種類の季節と色が勢揃いしカラフルな列車が走るのは、これが最初で最後です。くま川鉄道は「撮影の際のトラブルの無いようご注意下さい」としています。

【了】

Writer: 恵 知仁(鉄道ライター)

鉄道ライター、イラストレーター。「鉄道」や「旅」に関する執筆活動や絵本の制作を行っているほか、鉄道車両のデザインにも携わる。子供の頃からの旅鉄&撮り鉄で、日本国内の鉄道はJR・私鉄の全線に乗車済み。完乗駅はJRが稚内で、私鉄が間藤。メインは「鉄道」だが、基本的に「乗りもの」好き。

この記事の写真一覧

  • 20150113_kumakawa

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. くま鉄もバカですか?カラミの列車走らせて、何様のつもりだよ。鉄道会社が客のせずに汽車走らせてどうすんだ!特別列車なのだから、特別料金取って、『鉄』乗っけて旅客収入アップを図ることを考えなきゃ赤字が増えるばっかりだぜ、、、