79歳の機関車「ムーミン」、鉄博のある大宮へ

1月23日深夜、「ムーミン」と呼ばれる古く希少な電気機関車が埼玉県の大宮へ移動。同地の鉄道博物館へ収蔵される可能性が高まっています。この79歳の「ムーミン」は機銃掃射の痕を持つなど、その十分な資格がある「歴史の証人」だからです。

「ムーミン」、夜の埼玉を走る

 2015年1月23日(金)の深夜、「ムーミン」と呼ばれる1両しかない電気機関車が、群馬県高崎市にある車両基地から埼玉県の大宮まで運ばれました。

大宮へ移動するEF55形電気機関車「ムーミン」(2015年1月23日、恵 知仁撮影)。

 EF55形電気機関車は、いまから79年も前の1936(昭和11)年に3両だけ製造された歴史的な希少車両で、現存しているのは今回運ばれたEF55形1号機(以下EF55 1)、ただ1両のみです。

 このEF55形電気機関車は先頭形状がアニメキャラクターの「ムーミン」に似ているため、いつしか鉄道ファンにそのような愛称で呼ばれるようになりました。ほかに「カバ」「靴のお化け」などと呼ばれることもありますが、どれも国鉄、JRが決めた正式な愛称というわけではありません。

 このEF55 1は現在自走できないことから、EF64形38号機という電気機関車にけん引される形で大宮へ移動しています。

この記事の写真一覧

  • 20150124_ef55_02
  • 20150124_ef55_03
  • 20150124_ef55_01
1 2 3

関連記事

最新記事

コメント