日本人の零戦、クラウドファンディングで再び日本の空へ

日本人が所有する飛行可能な唯一の零戦を、再び日本の空へ飛ばすため、インターネット経由で資金を集める「クラウドファンディング」が実施されました。この計画には資金面以外にも課題があるといいますが、関係者の強い熱意で実現に向け計画が進められています。

日本人が所有する飛行可能な唯一の零戦

 太平洋戦争で活躍した日本を代表する戦闘機「零式艦上戦闘機」、通称「零戦(ゼロ戦)」。各種存在した日本の戦闘機のなかでも、零戦は約1万機と最も多く生産された機種ですが、その大半は戦争によって失われ、現在は回収された機体を、主に展示用に復元した30機程度が国内外の施設に保管されているにすぎません。

 そんななか、零戦を再び日本の空に飛ばそうとしている人々がいます。計画名は「零戦里帰りプロジェクト」。きっかけは、その中心人物である石塚政秀さんがアメリカで雑誌のライターとして取材中に、飛行可能な零戦の機体と出会ったことにさかのぼります。

石塚さんが購入した零戦(画像提供:零式艦上戦闘機 里帰りプロジェクト)。

 同機は1942(昭和17)年のソロモン海戦中に失われたものとみられ、1970年代にパプアニューギニアで発見されました。そして当時の設計図をもとに旧ソ連のメンテナンスチームも加わって、実に38万時間もの作業を費やし飛行可能な状態にまで修復。映画の撮影やアメリカでの航空ショーなどに利用されていた機体でした。石塚さんはこの機体を個人で購入。これが日本人の所有する唯一の飛行可能な零戦になります。

 そして石塚さんは「零戦の精巧な技術は日本のモノづくりの原点なのではないか」と考え、せっかく日本人が所有する機体なのだから日本へ持ち帰ろう、再び日本の空を飛ばそうと行動を始めました。

この記事の写真一覧

  • slide2
  • 20150211_zerosen_03
  • 20150211_zerosen_02
  • 20150211_zerosen_01
1 2 3

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. ゼロを日本の空へ飛ばすのですね。当時の日本の技術力の結晶ですから飛ばすことが望ましい。
    これを見て、また私達も奮起しなければならない