梅小路蒸気機関車館、8月30日で閉館 SL「頭出し」イベントなど実施

梅小路蒸気機関車館が2015年8月30日で閉館することになりました。同地に来春、新たにオープンする京都鉄道博物館の開設準備のためです。また閉館に伴い、扇形車庫から蒸気機関車の頭を出してズラリと並べるイベントなどが開催されます。

新しく京都に誕生する鉄道博物館の準備で

 2015年2月19日(木)、JR西日本は「梅小路蒸気機関車館」(京都市下京区)を今年の8月30日(日)限りで閉館することを明らかにしました。2016年春、同地へ新しく誕生する予定の「京都鉄道博物館」開設準備がその理由です。

 梅小路蒸気機関車館は1972(昭和47)年10月、国鉄が「鉄道100周年記念事業」の一環として開設。2000(平成12)年にはイギリスの国立鉄道博物館と姉妹提携を結びました。

 そして今年8月、およそ43年間の歴史にひとまず幕を下ろし、来春新たに京都鉄道博物館として生まれ変わる形です。その収蔵資料などは京都鉄道博物館に移設展示されます。

「蒸気機関車の頭出し」のイメージ(画像提供:JR西日本)。

 閉館に伴い梅小路蒸気機関車博物館はイベントを計画しており、7月18日(土)から8月30日(日)までは閉館特別展「思い出の機関車館から京都鉄道博物館へ(仮称)」を開催する予定です。また8月中旬には、扇形車庫内に留置されている蒸気機関車を約3m前進させるイベント「最後の雄姿『蒸気機関車の頭出し(仮称)』」を実施。車庫から頭を出した蒸気機関車がズラリと並び、迫力ある光景が実現するといいます。

 また最終日の8月30日には閉館セレモニーを行うほか、これ以外にも順次イベントを開催する計画とのことです。

 【了】

Writer: 恵 知仁(鉄道ライター)

鉄道ライター、イラストレーター。「鉄道」や「旅」に関する執筆活動や絵本の制作を行っているほか、鉄道車両のデザインにも携わる。子供の頃からの旅鉄&撮り鉄で、日本国内の鉄道はJR・私鉄の全線に乗車済み。完乗駅はJRが稚内で、私鉄が間藤。メインは「鉄道」だが、基本的に「乗りもの」好き。

この記事の写真一覧

  • 20150219_umekoujijyouki_01

関連記事

最新記事

コメント