【今日は何の日?】寝台特急「北斗星」運転開始

青函トンネルが開業し、東京の上野駅と北海道の札幌駅を結ぶ寝台特急「北斗星」がデビューしました。

 1988(昭和63)年の3月13日。青函トンネルが開業し、東京の上野と北海道の札幌駅を結ぶ寝台特急「北斗星」がデビューしました。

 当初は1日あたり定期列車2往復、臨時列車1往復での運転でしたが、翌年には3往復とも定期列車になっています。ただ、誕生からちょうど27年後の2015年3月13日発車分を最後に「北斗星」は臨時列車化され、臨時運転自体も2015年夏で終了。「ブルートレイン」の歴史に幕が下りることが伝えられています/筆者(恵)は27年前の3月13日、東北本線で初日の下り「北斗星」を見送りました。その牽引機が「北斗星」1号は「レインボー機」のEF81 95、5号は「お召し機」のEF81 81だったこと、強く印象に残っています(写真は1988年撮影。運転開始当日ではない)。

【了】

関連記事

最新記事

コメント