「トワイライト」11日も運休 残す運転は最終日のみに

ラストランが間近に迫った寝台特急「トワイライトエクスプレス」ですが、荒天のため運休が連続。残す列車は最終日、3月12日出発分のみになりました。

前日に引き続いての運休

 JR西日本は2015年3月10日(火)夜、翌11日に大阪、札幌駅を出発する寝台特急「トワイライトエクスプレス」について、運転を取り止めると発表しました。その理由を同社は「北日本から西日本の沿岸で暴風や吹雪が見込まれ、急遽の運転見合わせや広範囲にわたる長時間の運行不能などの事態に備えるため」としています。

「トワイライトエクスプレス」は3月10日出発分の大阪発札幌行き、札幌発大阪行きについても、同様の理由で運転が取り止められていました。

2015年3月12日出発分を最後に引退する寝台特急「トワイライトエクスプレス」(2014年7月、恵 知仁撮影)。

 また「トワイライトエクスプレス」は、3月12日出発分を最後に運転を終了します。そして3月11日出発分の列車は運転が取り止められたため、「トワイライトエクスプレス」運転は3月10日の時点で最終日、3月12日を残すのみとなりました。

 日本海へ沿うように大阪と札幌を結ぶ寝台特急「トワイライトエクスプレス」は冬期、天候が原因でしばしば運休や大幅な遅延に見舞われることがあり、2015年2月13日に札幌駅を発車した列車は予定から25時間32分遅れ、2泊3日かけて大阪駅に到着しています。

【了】

この記事の写真一覧

  • 150310_トワイライト_02

関連記事

最新記事

コメント