太田哲也校長 日本に6台しかない新型「マスタング」でドライビングスクール開催

レーシングドライバー、そしてモータージャーナリストの太田哲也さんが校長を務めるスポーツドライビングスクール「injured ZEROプロジェクト Tetsuya OTA ENJOY&SAFETY DRIVING LESSON FORD DAY」が2月28日に開催されました。

「死亡・負傷事故ゼロ」がスクールの目標

 2015年2月28日(土)、袖ヶ浦フォレストレースウェイ(千葉県)で「injured ZEROプロジェクト Tetsuya OTA ENJOY&SAFETY DRIVING LESSON FORD DAY」が開催され、同伴者を含め約90名が集まりました。

 国土交通省が後援する「injured ZERO」プロジェクトの一環として実施されたスポーツドライビングスクールで、校長を務めるのはレーシングドライバー、そしてモータージャーナリストの太田哲也さん。「安全運転を楽しく学ぶ」をテーマに一般道における死亡・負傷事故をゼロにすることが目標で、クルマの運転が上手くなれば安全につながる、という基本理念のもと開催されました。

フォード・ジャパン・リミテッドの協力により新型「マスタング」が登場(画像提供:スポーツドライビングジャパン)。

 今回はフォード・ジャパン・リミテッドの協力で、日本発売直前の新型「マスタング」が教習車として登場。日本で現在登録されている6台全ての新型「マスタング」が持ち込まれています。

 当日はヘルメット不要の「ベーシックレッスンクラス」、フリー走行が中心の「アドバンスレッスンクラス」に加えて、初心者から安全にモータースポーツを楽しめるイベント「スパタイGP」の2015年シリーズ開幕戦も併催。スキルを問わず幅広いオーナーが参加しました。

この記事の写真一覧

  • OLYMPUS DIGITAL CAMERA
  • OLYMPUS DIGITAL CAMERA
  • OLYMPUS DIGITAL CAMERA
1 2 3

関連記事

最新記事

コメント