北陸新幹線利用実績発表 金沢駅は富山駅の倍

北陸新幹線の金沢延伸開業後3日間の利用実績が発表されました。JR西日本管内では開業日、在来線特急時代と比較し利用者が4倍近くにも増えています。また各駅の利用者数についても発表され、最も多かった駅は金沢で、少なかったのは糸魚川という結果になりました。

新幹線開業で2倍から3倍に増えた利用者

 JR東日本JR西日本は2015年3月18日(水)、北陸新幹線の金沢延伸開業後3日間の利用状況について発表しました。

北陸新幹線は東京~上越妙高間がJR東日本、上越妙高~金沢間がJR西日本の管轄(2015年2月、恵 知仁撮影)。

 北陸新幹線のJR西日本管内における利用実績を前年の在来線特急「はくたか」「北越」と比較すると、開業当日の3月14日(土)は3.5万人が利用し、前年比374%と大幅に上昇。特に同日の下り列車は1.8万人が利用、前年比387%と高くなっています。また15日(日)は2.8万人で前年比281%、16日(月)は2.1万人で前年比259%となり、3日間合計では8.4万人が利用。前年比306%を記録しています。1日平均の利用者数は2.8万人です(※利用実績の比較区間は新幹線が上越妙高~糸魚川間、在来線が直江津~糸魚川間)。

 JR東日本管内における利用実績を前年の「長野新幹線」時代と比較すると、開業した14日(土)は約5万3500人が利用し、やはり前年同曜日比で190%とほぼ倍増。15日(日)は約5万1200人で前年比183%、16日(月)は約3万9000人で前年比181%となり、3日間合計では約14万3700人が利用。前年比185%を記録しています。1日平均の利用者数は約4万7900人です(※利用実績の比較区間は高崎~軽井沢)。

 この数字で見ると北陸新幹線の金沢延伸開業後3日間において、JR東日本管内は約2倍に、JR西日本管内は約3倍に利用者が増えた形です。

この記事の写真一覧

  • 20150318_hokurikushinkansen_02
  • 20150318_hokurikushinkansen_01
1 2

関連記事

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. JR西日本とJR東日本が発表した北陸新幹線各駅の利用実績は、JR西日本は「乗車実績」、JR東日本は「利用実績」なので、単純に数を比較できないと思います。JR西日本は乗車した人の数、JR東日本は乗り降りした人の数だと思います。比較するには、JR西日本の「乗車実績」のほぼ2倍の数とJR東日本の「利用実績」を比べなければと思います。

  2. 確認したところ、JR西日本、JR東日本ともに降車客を含んでいないそうです。思い違いで申し訳ありませんでした。

    しかし、JR西日本は団体客を含まず、JR東日本は団体客は含んでいるので、単純に数を比較できないことには変わりないと思います。

  3. 予想では飯山、妙高高原、黒部だと思ったが。