ほくほく線18周年 ミス駒子が車内で沿線のお菓子配布

開業18周年を迎える新潟県の北越急行ほくほく線。「ミス駒子」がその車内で、沿線のお菓子をプレゼントします。

ほくほく線の制服を着て

 2015年3月22日(日)、北越急行ほくほく線は開業18周年を迎えることから、利用者への感謝として沿線で販売されているお菓子を乗客にプレゼントすると発表しました。

1997(平成9)年3月22日に営業を開始した北越急行ほくほく線(2013年8月、恵 知仁撮影)。

 当日9時40分から16時00分までのあいだに六日町~まつだい間を走る普通列車で、パティスリーシュクレの「マドレーヌ」、木村屋の「ブリアン」、菓心亭かまだの「どうもどうも」のうちひとつがプレゼントされるそうです。

 またお菓子は、ほくほく線の制服を着用した「ミス駒子」と係員によって配布されます。

【了】

この記事の写真一覧

  • 20150319_hokuetsukyuko_01

関連記事

最新記事

コメント