ヘリ空母「いずも」 根拠が乏しいF35搭載論

3月25日に就役した海上自衛隊の護衛艦「いずも」について、「空母」ではないか、戦闘機F35の運用も可能ではないか、といった議論が起きています。しかし「いずも」と日本の状況を考えると、そうした議論はあまり意味が無いかもしれません。

国際的に定義されていない「空母」

 2015年3月25日、新鋭護衛艦「いずも」が海上自衛隊に就役しました。「いずも」は全通飛行甲板を備えた航空機運用能力を有す護衛艦としては、「ひゅうが型」の2隻(「ひゅうが」「いせ」)に続く3隻目となります。

5機のヘリコプターが同時に離着艦できる「いずも」(画像提供:海上自衛隊)。

 「いずも」は基準排水量19500トン、全長248mと海上自衛隊で最大の艦艇であり、「ひゅうが型」の13950トン、全長197mに比較してもひと回り大きく、その全長は帝国海軍の正規空母「翔鶴型」に匹敵します。また名称未定の「いずも型」2番艦も現在、建造中です。

 「いずも」はその容姿から国内外で「『護衛艦』ではなく『航空母艦(空母)』ではないか」といわれることが多いようですが、実際に「空母」なのでしょうか。

 海上自衛隊では戦闘艦は全て「護衛艦」と呼称しており、「いずも」は公式には「ヘリコプター搭載護衛艦(DDH)」に分類されています。つまり「空母」とは呼ばれていません。

 しかしその主任務はSH-60J/K「シーホーク」哨戒ヘリコプターを複数機運用し、潜水艦による攻撃から艦隊を防護することにあります。また島嶼防衛や災害派遣においては、輸送・多用途ヘリコプターの洋上拠点としての活躍が期待されています。そのため「いずも」は事実上、「ヘリコプター空母」であるといえます。

 このように空母型の戦闘艦を「空母」と呼称しない例は、海上自衛隊に限ったことではありません。「空母」という言葉は国際的に定義づけられていませんから、なんと呼ぶかはその国の自由です。

 ロシア海軍の「アドミラル・クズネツォフ」は、公式には「航空巡洋艦」とされ重武装が特徴的ですが、Su-33戦闘機の運用も行っている事実上の「空母」です。また佐世保を母港とするアメリカ海軍の「ボノム・リシャール」は、「強襲揚陸艦」と呼ばれ上陸作戦に特化した機構を有しますが、垂直離着陸戦闘機の「ハリアーII」やF-35Bを運用可能です。

 しかし「アドミラル・クズネツォフ」も「ボノム・リシャール」も、そして「いずも」も、公式には「空母」ではありません。ただメディアや国民がそれを「空母」と呼んでも、それは本質的に間違いではなく、全く問題ありません。

 ただ注意しなくてはならないのは、ひと言に「空母」といっても、そのあり方はひとつではないことです。

この記事の写真一覧

  • 20150404_izumo_02
  • 20150404_izumo_01
1 2

関連記事

最新記事

コメント

20件のコメント

  1. 岸のミクスが進行してるようだが絶対戦争を想定した開発はいけない。災害時の救助活動で使用のために数隻必要ですね。

  2. かんがえ逆と思われます。考え方が逆と思われます。
    そもそもF-35Bは大型空母で大量運用するものではありません。
    大量運用はF-35Cの役割です。
    あくまで垂直離発着の利点を活かし、ピンポイントで利用するもの。
    日本近海における直掩機という意味で
    「小型空母に10機程度のF-35B」は
    むしろドンピシャなニーズと考えられます。

  3. 日本の本土防衛には、不可欠且つ有効な装備であり抑止力も期待できます。
    建造中の2隻の進水、就役も期待します。F-35B向けの改修も必要ですね。

  4. その通りだと思います
    日本に航空艦隊を編成する予算なんてない、
    海上自衛隊に戦闘機訓練部隊がない
    わずかな機数では防空にならない
    地上基地からのスクランブルのほうが到達時間が速い
    垂直離陸はとても時間がかかり燃料がすぐなくなり行動範囲がせまい
    kC-767のほうが安くて役に立つ
    領空内での戦闘しか許されないのでF-35Aで十分
    軽空母が公海で戦闘をしたら憲法違反になる

  5. 「F35搭載論は根拠が乏しい」とする論拠自体、根拠が乏しいですね。
    「空母」の定義が明確でないとするなら「攻撃型空母」なるものの定義はもっと不明確でしょう。
    政府の言う「攻撃型空母」とはアメリカの超大型原子力空母レベルのものを指しているのであって、F-35を搭載したところで「いずも」級はそれに遥かに及ばない戦闘力しか持ちえません。
    「戦闘機を搭載すれば攻撃型空母」なんて前提はどこにも存在しない。
    だいたい「攻撃型空母は保有出来ない」というのは「それ以外の空母なら保有出来る」という含みを持たせたものです。
    島嶼防衛についての言い分は一理ありますが、それでも空母には紛争地の直近に移動航空基地を置けるという大きなメリットがあります。
    さらに南シナ海において中国と対峙するには空母戦力は不可欠でしょう。
    何より「いずも」級というのはその存在自体がSTOVL戦闘・攻撃機の搭載を前提としていなければ成り立ちえないものです。
    たかだか数機の対潜ヘリを運用するのにあんなものを造る必然性は全くない。
    現実に搭載するかどうかは別として、「いずも」級はSTOVL戦闘・攻撃機の搭載・運用を念頭に置いて設計・建造されているのは100%間違いないということは断言しておきましょう。

  6. 現在、航空自衛隊が、固定された基地から毎回スクランブルかけて、行きつ戻りつを繰り返しています。ならば例えば尖閣諸島付近に出雲とf35bと補給艦を常駐させれば、抑止力になるばかりか燃料の削減と現場に向かう時短となりますよ。領空、領海侵犯があれば迎え撃つ、防衛の為に。

  7. 連投失礼
    そもそも機動部隊は自己防衛出来ないのです。対潜ヘリでは敵の戦闘機から母艦を守れません。f35bを搭載しないなら、代わりに空対空ミサイルを備えたアパッチのような攻撃ヘリを搭載しないと母艦が簡単に沈められてしまいますね。

    • 艦隊防空はイージス艦が担い、対潜ヘリ運用を全通甲板型護衛艦が集中して担うことによって、艦隊の総合力を高めるのが狙いでは?

  8.  遠方の敵基地を攻撃する為に航空母艦を中心とした機動部隊を編成し、世界で初めて運用できた国。
    現在では更なる、新たな、奇抜な機動部隊の運用を進めているかもしれませんね。
    伊勢、日向、出雲、加賀・・・ 四方が海の国で自衛を是非とするなら、更に増やさないといけない。
    陸奥、長門? 大和、武蔵、信濃?? 次、その次はさらに大型化した護衛艦なんだろう!
     
    一隻の建造費用はいくらするのか? (姉妹艦が基本だと2隻の費用ですね。)
    この予算を震災、水害復興に回せる政治家はいないのか?
    国家予算の半分があの当時みたいに「軍人国家、軍需産業」に引き渡される前に
    冷静な国際政治をこの国、あの国に期待したいもんです。

  9. とうりみちせずにジャンプ飛行甲板にせよ‼F35まで取り敢えずハリアーでいい‼

  10. あり得ない。35b。
    1.甲板の構造・仕様が耐えられないであろう。
    2.空自と海自の共同作戦計画は、ない。 特にこの点は、法律上無理がある。国会での説明が通らない。
    3.3番艦以降はあるかもしれないが、航空母艦への発着は十分な訓練の上の運用が必要。
    以上、記事のようにこの先、10年はない。

  11. スキージャンプを設置すれば運用出来るとか思っているのでしょうか?
    艦内で航空機を整備する場所、航空機用の武器弾薬燃料整備用部品を搭載する場所などが無いと運用なんて無理だし当然 それらを扱う人員を追加し部屋も用意しないといけない。
    全長が長く全通甲板でも船体は細く容量が少な過ぎるからそんなものを搭載する余裕は一切ない。
    それで航空機を搭載しても全くの無意味。無駄でしかありません。
    空母自体が遠征を行う為のものであり日本には不必要な上、それを運用するお金も人もいない。その上 空母は2隻あって1隻分の運用しか出来ない。
    その上 STOVL機なんて搭載量は少ないし機構は複雑でコスト増だしあんなもの護衛と対地支援にしか使えません。スキージャンプだと少ない搭載量をさらに少なくしないといけないのでデメリットしかありません。

  12. 戦闘機の発艦した後の空母は置物同然。敵戦闘機/攻撃機の射程に入ればうみの藻屑となるでしょう。太平洋戦争のミッドウェーで経験したではありませんか。たった10機の戦闘機て゛は相手地上目標の攻撃も空母の防衛も両立させるのは無理です。航空機は大人しく地上基地から発艦させましょう。そう思っているから中国は南シナ海に滑走路を造っているわけですよ。全体のみれば明白だと思います。

  13. 中国には3つの国旗があります。辛亥革命(A.D. 1910)で建国された北京政府である中華民国を成立させ、青地に旭日旗の『中華民国旗(A.D. 1910)』とその2年後(A.D. 1912)に広州財閥の全面援助による孫文の広州軍閥の赤地に右上に四分の一サイズの『中華民国旗(A.D. 1912)』をあしらった『中華革命民国旗』、その10年後、孫文がソビエトロシアと友好条約を結び、1000億ルーブル軍事租借を受けると、ソビエト軍事顧問団は勝手に広州の西に独自の勢力拡大を行い、勝手に自治区を宣言させ赤地に星の『中華人民共和国旗(A.D. 1922)』を成立させた。その3年後に孫文が死ぬと蒋介石が跡を継ぎ、広州西域とのトラブルの責任者であった蒋介石は直ちにソビエトとの友好条約を破棄し、ドイツとの友好条約を締結し、ドイツ軍事顧問団を受け入れ2年後には『中華ドイツ軍事同盟(A.D. 1928)』を締結する。

  14. 海軍の主目的は自国の船団護衛です。よって日本の全てのシーレーンが海上自衛隊の任務海域です。
    いずもクラスに搭載可能なF35Bは艦内に10機、甲板上に6~8機程度と思われます。(同クラスの
    軽空母から推測)いずもクラス1隻、イージス艦2隻、秋月クラス1隻、汎用DD4隻、補給艦1隻程度の
    一個艦隊あればそれなりに船団護衛が可能かと思われます。

  15. F-35Bを搭載する必要は全くないのです。制空権は空自と米軍で確保すれば良いことで、DDHには、対潜任務こそ重要です。中国が「かが」に難癖を付けているのも日本の対潜能力向上がいやだからです。ちなみに太平洋戦争で日本の艦艇をほぼ沈めたのは潜水艦だったってこと知っていますか。

  16. Your post captures the issue peerlctfy!

  17. That's an ingnieous way of thinking about it.

  18. Great inhgsit! That's the answer we've been looking for.

  19. F-35戦闘機用の空母。もっと大きい空母を造ろう。中共の空母体制は米を凌ぐだろう。懸命に建設を続けている。
    日本も対抗しなければ軍事力の差が開く。核保有しない限り日本は安全ではない。核は核でしか対抗できない。核は全廃すべき。理想論は日本民族滅亡の前兆です。