【今日は何の日?】中央本線の支線、武蔵野競技場線が開業

中央本線の支線として三鷹~武蔵野競技場間の3.2kmで、通称「武蔵野競技場線」が開業しました。

 1951(昭和26)年の4月14日、中央本線の支線として三鷹~武蔵野競技場間の3.2kmで、通称「武蔵野競技場線」が開業しました。

 中島飛行機の武蔵製作所跡に建設された武蔵野グリーンパーク野球場への観客輸送を目的に、その工場への引き込み線跡を利用して開業したものです。しかしこの野球場はあまり使われることがなく、列車運行は早くも翌1952(昭和27)年、休止状態に。野球場自体も1956(昭和31)年に解体されてしまいました。空中写真の下にあるのが三鷹で、左、上と球場へ向かって線路が延びています(画像出典:国土地理院)。

【了】

この記事の写真一覧

  • 20150414_chuouhonsen_01

関連記事

最新記事

コメント