ホンダジェットは“美肌” 藤野社長が語るその魅力とは?

4月23日に日本へ初飛来し、25日からは国内5空港で一般公開が行われる「ホンダジェット」。その注目すべき点はどこなのでしょうか。ホンダエアクラフトカンパニーの社長が語りました。

日本から始まる「ワールドツアー

 本田技研工業の子会社、ホンダエアクラフトカンパニー(HACI)がアメリカで開発した「ホンダジェット(HondaJet)」が、13カ国以上を訪れる「ワールドツアー」をスタート。2015年4月23日(木)、その最初として日本に初飛来しました。藤野道格HACI社長によると、まず「日本の皆さんに『ホンダジェット』を見ていただきたいというホンダの意志」があったといいます。

 日本に飛来した「ホンダジェット」は「HondaJet World Tour in Japan 2015」として、各地でデモンストレーション飛行や地上展示を実施します。4月25日(土)仙台空港、26日(日)神戸空港、29日(水・祝)熊本空港、5月2日(土)・3日(日)岡南飛行場(岡山)、4日(月・祝)成田空港の計画です。

「ホンダジェット」の前でその魅力を語るホンダエアクラフトカンパニーの藤野社長(画像提供:本田技研工業)。

「ホンダジェット」が初めて日本へやってきた23日、羽田空港で記者会見が行われ、藤野社長がツアーで実機を披露にするにあたり「見ていただきたいところ」を話しました。言い換えれば、「社長が語る『ホンダジェット』のポイント」です。どんなことが話されたのでしょうか。

この記事の写真一覧

  • 150425_hondajet_02
  • 150425_hondajet_03
  • 150425_hondajet_01
1 2 3

関連記事

最新記事

コメント