「ママ鉄プラン」で東京駅の上に泊まってみた

「鉄ちゃん」「鉄子」、そして「ママ鉄」「子鉄」といった言葉が生まれるほど、多くの人が楽しむようになった鉄道。ホテルでもそうした「ママ鉄」向けのプランを出しており、実際に宿泊してきました。場所は東京駅の真上です。

チェックインから大興奮!

 鉄道ファンであれば誰しも一度は泊まってみたいのが「電車が見えるホテル」。なかでもホテルメトロポリタン丸の内は、東京を真下に見下ろせる好立地。これはもう、鉄道ファン憧れのホテルなわけですよ。そんなホテルメトロポリタン丸の内に、子鉄&ママ鉄で楽しめる「ママ鉄プラン」が登場したとか。

 我が息子たちはもうすっかり大きくなって脱鉄(=「でんしゃ大好き期」を卒業)しておりますが、「元祖『ママ鉄』としてこれはぜひ体験してみたい!」というわけで、息子2人を連れて行ってまいりました!

親子共々目を奪われた「ホテルメトロポリタン丸の内」ロビーの鉄道ジオラマ(2015年3月、棚澤明子撮影)

「ママ鉄プラン」にはディナーがついていないため、夕飯を済ませてからチェックイン。ロビーに到着すると、まず目を奪われるのはNゲージの大きなジオラマ! 「こまち」や「はやぶさ」など、子鉄くんのツボをおさえた車両がびゅんびゅん走ってます。あ、ロビーの隅で流れているのは『車両基地』のDVDではないですか! 「これ、前から観たかったやつだ!」などと早くも親子で盛り上がります。まさにかゆいところに手の届くサービス。チェックインの手続き中に子鉄くんを飽きさせずに済む、というのもママにはうれしいところですね。

この記事の写真一覧

  • 150501_mamatetsu_02
  • 150501_mamatetsu_03
  • 150501_mamatetsu_01
1 2 3

関連記事

最新記事

コメント