「特別なトワイライトエクスプレス」登場 豪華列車がより豪華に

大阪と札幌を結んでいた寝台特急「トワイライトエクスプレス」は今年3月で運行を終了しましたが、5月16日から“特別なトワイライトエクスプレス”として再び活躍を始めます。はたしてどんなところが“特別”なのでしょうか。その車両、料理が公開されました。

客室全てが「SA」、定員わずか40人

 2015年5月13日(水)、JR西日本は“特別なトワイライトエクスプレス”を網干総合車両所宮原支所(大阪市淀川区)で報道陣に公開しました。大阪~札幌間を結んでいた寝台特急「トワイライトエクスプレス」は、今年3月12日発車分で運行を終了しましたが、その車両は5月16日(土)から引き続き、行会社専用の団体臨時列車として走ります。それが“特別なトワイライト”です。

編成の端に1室だけある「スイート」は展望室構造。その窓はマジックミラー構造で外から内部が見えにくくなっている(2015年5月13日、恵 知仁撮影)。

 それが“特別”である理由に、まず「全客室が『SA』」なことが挙げられます。寝台車には、座席車では普通車に相当するB寝台と、グリーン車に相当するA寝台があります。またA寝台のうち、特にグレードの高いものを「SA」と表します。

 従来の「トワイライト」はA寝台のほかB寝台も連結していましたが、今回登場した“特別なトワイライト”は全客室が「SA」、つまりA寝台でもグレードの高いものだけで編成されているのです。

 用意されるのは「スイート」と「ロイヤル」という2種類の「SA」で、客室を備えた車両は4両連結されますが、定員わずか40人。もちろん各部屋にシャワーと洗面台、トイレがあります。従来の「トワイライト」も“豪華列車”として知られていましたが、それが“超豪華列車”にグレードアップした形です。また堂車やサロンカーなども連結され、全体では8両編成になります(けん引する機関車を除く)。

この記事の写真一覧

  • 150513_towairaito_03
  • 150513_towairaito_02
  • 150513_towairaito_01
1 2 3

関連記事

最新記事

コメント