アルファロメオ&マセラティが教習車 奥山清行氏も参加した太田校長ドライビングスクール

レーシングドライバー、モータージャーナリストの太田哲也さんが校長を務める「injuredZEROプロジェクト TetsuyaOTA ENJOY&SAFETY DRIVING LESSON」が4月11日に袖ヶ浦フォレストレースウェイにて開催されました。

アルファロメオマセラティが教習車

 4月11日(土)に、袖ヶ浦フォレストレースウェイにて「injuredZEROプロジェクトTetsuyaOTA ENJOY&SAFETY DRIVING LESSON」が開催され、約90名が集まりました。

 スポーツドライビングスクールは国土交通省後援の「injuredZERO」プロジェクトの一環として実施され、「安全運転を、楽しく学ぶ」をテーマに一般道における死亡・負傷事故をゼロとすることが目標にされています。クルマの運転が上手くなれば安全につながるという基本理念のもと、参加者は座学と実践で安全運転と交通マナーを楽しく学んだようです。

90名以上が袖ヶ浦フォレストレースウェイに集結(画像提供:スポーツドライビングジャパン)。

 今回はアルファロメオ松濤の協力で、アルファロメオ「4Cスポーツパッケージ」および「ジュリエッタQVクアドリフォリオヴェルデ」が、またマセラティ幕張の協力でマセラティ「ギブリ」および「グラントゥーリズモスポーツ」が教習車として提供され、参加者たちはサーキットタクシーや体験試乗会で、そのシャープかつ官能的なドライブフィールを体感しました。

 ヘルメット不要のベーシックレッスンクラス、フリー走行が中心のアドバンスレッスンクラスに加えて、同日併催イベントとして初心者から安全にモータースポーツを楽しめるイベント「スパタイGP」の2015年シリーズ第2戦も開催され、スキルを問わず幅広い層が集まる1日となりました。

この記事の写真一覧

  • 150514_ohta_01
  • 150514_ohta_02
  • 150514_ohta_03
1 2 3

関連記事

最新記事

コメント