岡山地区に観光列車登場 車内にサイクルスペースも JR西日本

JR西日本岡山支社は、「岡山DC」などに合わせて観光列車の導入を発表。2016年春から走り始める予定です。

宇野線などを走行予定

 JR西日本岡山支社は2015年5月19日(火)、新たな観光列車の導入を明らかにしました。

西日本岡山支社が導入する観光列車のイメージ。213系を改造する(画像出典:JR西日本岡山支社)。

—–

まだ見ぬ土地に思いを馳せ
あんなこと、こんなことに備えて、様々なモノやコトを準備する。
へと向かう楽しさは、
期待を膨らませて計画し、旅支度をする時間。
岡山から各地へと向かう列車の中はそんな旅の計画を巡らす最後の時間。
旅に必要なモノとコトが全部ある「旅の道具箱」。

—–

 観光列車はそうしたコンセプトのもと、岡山地区で普通列車に使われている213系電車(2両編成)を改造して登場。座席定員は約52名で、車内にはサイクルスペースも設置される予定といいます。

 2016年春の「晴れの国おかやまデスティネーションキャンペーン(岡山DC)」、また同時期に予定されている「瀬戸内国際芸術祭2016」「IMAGENEERING ART PROJECT」などに合わせて導入されるもので、運行開始も2016年春の計画です。

 列車名は現時点では未定。運行区間は宇野線(岡山~宇野)などが検討されています。ちなみに213系電車は、国鉄時代末期の1987(昭和62)年に登場。瀬戸大橋を渡る快速「マリンライナー」の初代車両でもあります。

【了】

この記事の写真一覧

  • 150520_213kei_01

関連記事

最新記事

コメント