南海全線のお好きな区間が130円で 「創業130周年記念乗車券」発売

南海電鉄が創業130周年を記念し、好きな区間を片道130円で乗車できるきっぷを発売します。

初乗り運賃より安く

 南海電鉄がその全線について、好きな範囲で片道1回乗車できる「創業130周年記念乗車券」を発売します。値段は130円。南海の初乗り運賃は150円ですから、それより安いことになります。

南海全線で、片道1回を130円で利用できる「創業130周年記念乗車券」(画像出典:南海電鉄)。

 今年2015年で南海電鉄が創業130周年を迎えることを記念し、登場するもので、6月13日(土)と14日(日)の2日間限定で、1回の片道乗車が可能。なんば(2Fサービスセンター)、新今宮、堺、泉大津、岸和田、泉佐野、関西空港、和歌山市、加太、住吉東、堺東、北野田、河内長野、橋本、高野山の各で発売されます。

 ただこの「創業130周年記念乗車券」は1300部限定で、6月1日(月)7時から7日(日)までの販売。ひとり2枚まで購入できます。同社は「130年にわたる南海電鉄の歴史を感じるにぜひお出かけください」としています。

 ちなみに、南海で最も運賃が高い駅間は関西空港~高野山間の1790円。この記念きっぷを使えば、約14分の1の値段で乗車できることになります。

【了】

この記事の写真一覧

  • 150526_nannkai_01

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. こんばんは!明日は南海線の創業130年記念です。南海ホークスが大好きだよね!