人気の「トーマス号」、キャンセル分の空席など再受付実施 大井川鐵道

人気のため抽選販売が行われている大井川鐵道「きかんしゃトーマス号」。申込みを一度締め切ったのちに発生したその空席について、再受付の実施が発表されました。もう1回、乗車するチャンスが訪れます。

ほとんどの日で再受付実施へ

 高い人気から、抽選でのチケット販売が行われている大井川鐵道の「きかんしゃトーマス号」と「ジェームス号」。簡単には乗車できない状況が続いていますが、いったん予約を締め切ったのちに空席が出た便があり、それについて予約の再受付実施が2015年5月26日(火)、大井川鐵道から発表されました。

大井川鐵道には元近鉄特急車両も走る(画像提供:大井川鐵道)。(c)2015 Gullane (Thomas) Limited.

 再受付は、乗車10日前の14時から9日前の13時まで、1日ごとに実施。大井川鐵道のウェブサイトにあるメールフォームから申し込む形です。ただ申込み多数の場合は抽選になるとのこと。どの日、どの列車で再受付が行われるかは、大井川鐵道のウェブサイトに掲載されます。ちなみに5月27日現在、6月中は7、12、13、14、19、20、21、26、27日と、ほとんどの運転日で「トーマス号」で再受付が行われる予定で、6月7日(日)運転分は5月29日(金)からの受付です。

 大井川鐵道の「きかんしゃトーマス号」は2014年に登場。今年は新たに「ジェームス号」が加わり、「トーマス号」は6月7日(日)から、「ジェームス号」は7月21日(火)から運行が始まります。新金谷~千頭間の片道運賃+トーマス・ジェームス料金は大人2720円、子ども1360円です。

【了】

この記事の写真一覧

  • 150527_ooigawatetsudo_01

関連記事

最新記事

コメント