平成の「零戦」から「烈風」へ 進化する三菱F-2

航空自衛隊の主力戦闘機F-2。かつて“問題のある機体”という見方も多くありました。またソ連が崩壊し、F-2の高性能が無駄とされたこともありました。しかしいま、その能力と存在価値が大幅に向上。「零戦」から「烈風」に進化したといえるかもしれません。背景には何があるのでしょうか。

15年前とは激変しているF-2

 日本の空を護る航空自衛隊には、F-2、F-15「イーグル」、F-4EJ改「ファントムII」と呼ばれる3機種の主力戦闘機が配備されています。このうちF-15とF-4EJ改はアメリカのマクダネルダグラス社で開発された外国製ですが、最新鋭のF-2は三菱重工が主体となって開発した国産戦闘機です。

2000年に配備が始まったF-2。単座型のF-2Aと複座型のF-2B(写真)がある(撮影:関賢太郎)。

 F-2はジェネラルダイナミクス社のF-16「ファイティングファルコン」を原型とし、日米共同によって独自の改修を加えるという形で開発がスタートしました。F-16が原型とはいってもその設計は殆どが見直されており、特に主翼は対艦ミサイルを4発携行するという目的を達成するために非常に大きくなっています。

 一部メディアにおいて、アメリカの横やりによって純国産戦闘機の開発を潰されたという主張がありますが、この当時の日本には独自に戦闘機を開発する能力がありませんでした。もしアメリカの助力、特にエンジンの供与が無ければ、現在のF-2に匹敵する性能の戦闘機は開発できなかったに違いありません。

 F-2は最新鋭とはいっても、2000(平成12)年の配備開始からすでに15年が経過しています。しかし、現代戦闘機にスピードや機動性は殆ど意味がありません。搭載電子機器やそれらを制御するソフトウェアが勝敗を決するため、F-2は継続したアップデートを行うことで、配備開始当時よりその戦闘能力は著しく向上しています。

 かねてよりF-2は、「平成の零戦」というあだ名で呼ばれることがあります。実のところF-2はその配備当初、空戦能力は決して高いとはいえませんでした。むしろ対艦攻撃能力に重点を置いた「平成の一式陸攻」とも言える戦闘機でした。F-2はAESA式と呼ばれる新機軸のレーダーを搭載していましたが、初期には不具合も多発し空戦能力に欠陥ありと大々的に報道されたこともあります。

 しかしそのAESAレーダーも現在では新しい「J/APG-2」へと切り替わっており、目視外視程空対空ミサイルも性能に劣るAIM-7F/M「スパロー」から、最新鋭の「99式空対空誘導弾」が装備できるようになり、極東においても有数の空戦能力を持つ戦闘機に生まれ変わっています。また近いうちに、すれ違いざまに射撃しても180度旋回して後方の戦闘機さえ撃墜可能な「04式空対空誘導弾」の搭載能力が付加される予定です。

 初期のF-2が「平成の零戦」ならば、現在のF-2は「平成の烈風」と言えるかもしれません。「烈風」とは太平洋戦争末期に完成した三菱製の「零戦」後継機です。

この記事の写真一覧

  • 150622_f2_02
  • 150622_f2_01
1 2

関連記事

最新記事

コメント

23件のコメント

  1. f2の配備数が減らされたのは、財務省の予算切りのとばっちりを食らったからでは、、、?

  2. F2の良さが理解できましたね。ミサイルの搭載性能もかなり優れています

  3. 私は違う考えで、その国に必要な装備や武器体系を常に備える事は難しく、事実何十年も前から防衛の元の予算さえ他国は数倍費やしてきたのに、日本は感覚で1%を保守でさえ律儀に守り続けて。
    その時に自作する能力が不足しても、現在の中国や核開発を続けてきた北朝鮮のように最初から完成させられなくても、試行錯誤を繰り返して成功するのでは?
    大学の研究や、民間の技術や商品開発にしても。
    当時は開発できなかったというのは、米に都合がいい自国を誤魔化す安い言い訳に聞こえる。
    米の本心はこちらには分からないが、自動車や洗濯機のように兵器もならないように邪魔をしたという話もあります。
    もちろん、国が破綻する程の資金を費やせとは言わないが。
    米は、そんなに信用できる国ですか?
    今では広く利用されるGPSは、万が一戦争になった際に敵に正確な位置を知られないように意図的にズラしていたが、日本のメーカーが意図を知らずに?補正するからズラすのを諦めたと聞きましたが、現実は厳しい。
    日ソ不可侵条約も簡単に破られ、他国では同盟国でさえスパイの対象ですから。
    どんな時代でも、誰に対しても猜疑心や警戒心や向上心を持ち続けないと!

  4. F-2は支援戦闘機で烈風とは異なるのでは? 平成の流星改では。三菱では御座いませんが。

  5. 「一式陸攻」に例えるのは無知すぎる。「烈風」も実践配備されていないしね。

  6. たしかに性能はアップデートが可能でしょう
    しかし翼の寿命が存在し、延命もその構造から著しく難しいために
    (今となっては翼を新たに作ることも事実上無理)
    長い期間の活躍が難しい問題が存在してます
    いい機体だけに惜しいところです

  7.  高橋兄の御説御尤 當時は米國の貿易、財政雙子の赤字喧しく、既定の筈の國産政策が激しい妨害を受け覆されるてふ異例の展開でした どうぞお好きに、と協調的だったレーガン氏から、我が戰闘機に撃墜されて北太平洋を漂流したブッシュ氏へ政権交代したのも不運にて、商務省が策動の中心でしたな その論理は貿易摩擦解消で、開發能力の有無は格別論じられておりません 開發失敗して困るのは我國であって米國に非 あの時國産していればず、先年のF‐22輸出拒否なども起きなかったでしょうに
     とまれF‐2はF‐16の派生機であって、國産ではありません 良く言って精々共同開發
     また支援戰闘機とやらは特車と同じ怪しい自衛隊用語にて、陸軍なら直協機、襲撃機 海軍なら單座の陸上攻撃機といったところでしょう
     何にしてもF‐2の耐用命數も日一日と儘き行く中、このような言動は後継機整備の妨げです
     この論者は浅薄な提灯記事多く、信用できません 
     

  8. なんだかんだと理屈をこねても、結局アメリカのF-16のコピーと言う事ですね。しかしアメリカの許可を得ないと戦闘機も開発できない。本当に独立国か?と言いたい。コピー機と言えども戦闘機などの開発は開発国の個性?が出るもの。設計内部までアメリカに干渉されてはたまらない。解説者は第二次大戦前後開発された日本の飛行機のことをもっと勉強してから言ってほしい。日本帝国の戦闘機のすばらしさは有色人種の日本人が独自の技術で開発したこと。そして、白人の開発した飛行機を滅多切りにしたこと。ちなみに私は陸軍の「隼戦闘機」が好きだ。でも戦争には勝ち負けと関係なく反対だ。

  9. あの駄作機の烈風に例えられるということは、F2も駄作機という事でしょうか?

  10. そうなのか、F-2が、それほどの進化をね、ならばその雄姿を早く見たいね。

  11. 記事に間違いがある。当時独自に戦闘機を開発できないって、三菱F-1を知らんのか。
    エンジンさえあれば、エンジン以外なら独自開発できたんだよ、当時でもね。
    今後は輸入機、共同開発機、純国産機の三機種体制になるし、日本にはその力があるよ。
    三菱重工、川崎重工、IHIを過小評価し過ぎでは?

  12. うわぁ,自称識者様が跳梁跋扈する臭いコメ欄ですねぇww
    特に旧仮名遣いを得意気に使いたがる御仁のコメントには反吐が出ますな

  13. F-16を零戦、F-2を烈風に例えるのが妥当かと?
    F-2はF-16系列の機体ではトップクラスの性能と思われ、FCSの改修によってAAM-4等の新型ミサイルも発射可能となっています。
    ただ、F-2の性能をみるとFSX選定時に検討されたF/A-18Cやトーネード IDSと同等と思われ、最初から開発の必要は無かったと、個人的には思う。

  14. 烈風じゃ完成しないんじゃ…

  15. ソフトウェアだけ更新し続けてもベース機体には設計思想の限界が来る。
    こんなことは自動車業界でも当たり前の事で、他国が次世代戦闘機を導入すれば限界が来るのは当然の話。

    大体40年も改修せずに使用する方が少ないんだから、設計思想の限界を迎えたら代替されるでしょうが。
    頭悪いね。

  16. もともと、兵器の開発は、、矛盾が基本。性能のいい戦闘機だって、操るのは人間。して、先の大戦が 「大鑑巨砲」から航空機が主流になって。無用の長物に多額の予算を用した。今の平成では?? 何かしら、ミサイルと水爆が気にかかります。意外と北朝鮮の 戦備って、的を射った、戦略なのかも^^; 先の大戦の レーダーのチャフ。現代のPCウイルスで電子兵器の無力化。あぁー^^; やはり、矛盾だ!m(_ _)m

  17. F-2を大戦機になぞらえる時点でアウト。
    日本の防衛産業がいかに井の中の蛙か考えたこと無いでしょう?
    日本の開発者にインタビューして、これダメなんだよね🎵って言うと思いますか?
    しかも、ノーマルのF-16Cとエンジン出力同じなのにペイロード増やして同等以上のパフォーマンスが出来るかどうかわかりきっていませんか?
    F-2までの繋ぎのF-4EJ改の能力の低さとかも、書いてあるのを見れば素人でもわかりますよ。
    国内企業がちゃんと出来るならあわててF-35買う必要もライセンス生産も必要無いと思わないのですかねぇ?F-22を売ってくれると鷹をくくってた人達も悪いですよね?

  18. 次期支援戦闘機に国産が無理なら、F-20タイガーシャークが欲しい!って考えてた当時の自分を思い出した(笑)

  19. 「平成の零戦」というあだ名で呼ばれることがあります。・・・これは正しい日本語の使い方。
    防衛省の先進技術実証機「心神」・・・これは間違っている。
    正しくは「心神」というあだ名で呼ばれる防衛省の先進技術実証機・・・です。

    航空軍事評論家を名乗るなら正確に述べるべき。
    防衛省内で「心神」と言う呼称はありません。

    関氏の論評は『概ね』正しいと思いますが、正しく表現しないと世間が誤った認識をします。
    言葉足らずも非常に多い。

  20. テロには全く意味がないのでは

  21. 「一式陸攻」ではなく「彗星」があてはまると思います。

  22. 今までの積み重ねがないのでエンジンの開発が難しい
    そのためエンジンを供与してほしいといったら米国で許可が下りなかったため共同開発という形になった

    日本はエンジンの技術が得られたけど、技術を米国に吸い取られた

    f16とは大きさなども別物

  23. 烈風完成してないんだよなあ