ハイブリッド車人気、なぜ日本ばかり?

トヨタが、ハイブリッド車の世界販売台数が800万台を突破したと発表しました。しかしその内訳には、日本での印象とは異なる“ハイブリッド車の苦悩”が見えてきます。

18年間で800万台販売は多いのか?

 トヨタからハイブリッド車の世界販売台数が800万台を突破したと、2015年8月21日に発表がありました。

「21世紀に間に合いました」をキャッチフレーズに、世界初の量産ハイブリッド車である初代「プリウス」が登場したのが1997(平成9)年のこと。つまり18年間かかっての数字ということになります。この数字、はたして多いのでしょうか、少ないのでしょうか。

1997年に発売された初代「プリウス」(写真提供:トヨタ)。

 そもそも、ハイブリッド車の人気が高いのは日本だけといわれますし、実際に欧米メーカーでは「プリウス」のようなエンジンとモーターを頻繁に切り替える、いわゆる「ストロングハイブリッド」は見あたりません。また、トヨタが当初目論んでいたとされるハイブリッドユニットでのシステム販売も、マツダが買ったぐらいです。

 日本人にとっては世紀の大発明。ハリウッドセレブも乗っているし、世界の人々もこぞって買ってくれているだろう、と思いがちというか、思ってきましたが、ひょっとすると“カラパゴス化”がここでも起っているのでしょうか。

 まず800万台の内訳から見てみると、一番多いのが日本で約半数の388万7800台。北米は278万9100台で、欧州は93万100台です。つまり欧州では、全体の1割強ぐらいしか売れていません。

 北米ではかなりの台数を売っているのでは、と思うかもしれませんが、広大な北米市場における1年間の販売台数は約2000万台。そのなかで累積約279万台というのは、かなり小さい数字といってよいでしょう。

 そして逆に日本市場は555万台程度。市場規模が北米の3分の1にも関わらず販売台数が1.3倍もあるというのは、やはり日本国内での人気がかなり高いことを示しています。

この記事の写真一覧

  • 150912_hybrid_01
  • 150912_hybrid_02
1 2 3

関連記事

最新記事

コメント

25件のコメント

  1. 軽自動車のエンジンを発電用に採用したシリーズ=ハイブリッドへの移行の可能性はどうなのでしょうか?

  2. 欧米でハイブリッド車が流行らないのは主に製造コストにあると思います。当然部品点数の増えるハイブリッド車はメカとエレキの技術分野の統合が不得手な海外では日本に太刀打ちできません。ですからダウンサイズターボかクリーンジーゼルに逃げるしかないのです。ジーゼルのほうは今問題になっているドイツの某メーカーの体たらくです。自国での不得手なハイブリッドに関して購入を敬遠するのは当然なことです。しかし確実にハイブリッドが次世代へのトヨタの言うエンジンそのものの省略化の波にのる基本になるでしょう。

  3. 欧州でハイブリッドが流行らないのは単純に車の使用環境の違いでしょう。日本のように平均速度が遅くストップ&ゴーが多い環境であれば減速によるエネルギー損失の割合が増えますが、ヨーロッパの場合には(もちろん市街地は別ですが)平均速度が高く、また一度の移動距離も多いのでハイブリッド車では空のバッテリーと電池切れのモーターを非力なエンジンで運ぶということになりやすく、結果として燃費が稼げないからです。

    ちなみに自国の自動車メーカーが苦手なハイブリッドを敬遠するというほど欧州の消費者は自国の自動車メーカーにこだわって選んでいる人は少ないと思います。日本車も結構売れてますよ?

  4. なんか現実がわかっていらっしゃらない方の発言ですね。車の技術で言えば日本はもう、欧州メーカーに遅れをとってるんですよ?

  5. ハイブリッドはガソリンスタンド利用を減らすだけの効果しかない。
    コスパも相変わらず悪いし車重も増えるからデメリットもある。

    ※これ重要
    ハイブリッド車にはハイブリッド車特有の走り方があり
    この走行を実践しなければ燃費効果は激減する。
    だから普通のクルマと同じ感覚で走行すると燃費効果は得られ難い可能性がありますよー♪

  6. 妙な記事だなあ。

    CVTなんて「いまや」でなく海外では一度も普及してません。CVTの関連特許を日本企業が独占しているからです。元はオランダ人の発明ですけどね。CVTのフィーリングの違和感は日本人でも感じますが、欧米人はCVT車に乗り慣れていないから余計そう感じるのだろうと思います。特にヨーロッパは未だにMTばかりですから。シトロエンのフランス人技術者が言っていましたが「ヨーロッパ人は実はMTが好きなわけではなく、単にATの知識がないだけ」とのこと。
    ハイブリッドの特許の話だってなんかおかしくないですか?特許の持ち合いをしているのは日本企業同士ですから特許料数十万円というのは日本メーカー限定の話です。海外企業が採用しようとしたら数十万というわけにはいきません。日産の株を持っているルノーなら安く出来るかもしれませんが。
    それでもホンダのフィットハイブリッドなどはCVTではなく自動MTを採用しているので一部メカはドイツ製です。

    ちなみにヨーロッパでもイギリスではハイブリッド車は人気があります。イギリスは道路環境が日本と似ている上に、実質的に自動車産業をほとんど捨ててしまったため独仏伊のように国産車を買うインセンティブがありません。だからハイブリッドに抵抗がなく、ロンドンバスにも欧州では珍しくハイブリッドを採用しました。
    ダウンサイジングターボだってぶっ飛ばしたら省燃費になりません。あれは巡航時のポンピングロスを減らすためにエンジンを小さくしようとしたものです。ポンピングロスっていうのはフルパワーの時でなく、スロットルを絞っている時に大きく出るものです。つまり、欧米の人だって実際はそんなに飛ばさないし、それゆえ今までのハイパワーエンジンは無駄が多かったってことです。

    パワーが無いから嫌われるというのもウソ。欧米のコンパクトカーのディーゼル車は75~120馬力程度の出力が普通で、150とか200馬力も出るのはガソリン仕様や上級モデルだけです。特にかつて課税馬力制度があったフランス車はガソリン車でもディーゼル車でも必要以上に出力を上げないのが常識でした。
    それに対してプリウスはエンジンだけの出力が99馬力、フィットハイブリッドは110馬力、さらにこれにモーターが付いているのですから全く十分でしょう。

    欧州でハイブリッドカーの人気がないように見えるのはなによりディーゼル車がないからでしょう。ディーゼルハイブリッド車作ったらヨーロッパ人にもウケるんじゃないでしょうか?あとメンテナンスに対する考え方というか制度が全く違うのも関係していると思います。
    欧米は車検制度は無いかあってもガソリンスタンドなどによる簡単なものしかなく、むしろ一定期間たってからのオーバーホールで消耗品を修理しますから機械系の耐久性はかなり大きく作られていて交換も比較的簡単かつ低コストで可能です。しかし電装も同様にオーバーホール前提なのでノーメンテでずっと使えるようには作りませんし、そういうノウハウもありません。
    一方日本ではエンジン交換を伴うような大修理や古い車に乗り続けることに対してかかるコストが欧米とは比較にならないほど高いのでほとんどしませんが、車検はしっかりしています。この時にエンジンはきっちり整備するので機械系は欧米よりも消耗が少なく華奢なものでも実用になりますが、電気系統はいちいち深いところまでチェックしなくても良いように高耐久設計になっています。欧米でモーターレブみたいな添加剤がよく売れるのもあっちはエンジンの点検頻度が低いからです。
    この辺りは各国の制度なのでドライバーが自由に選べず、国柄が現れるところだと思います。
    長々とコメントしてしまいました。

  7. 日本以外で500万台も売れててガラパゴスはさすがに無理があんだろw

  8. 本当に去年の記事なのか?
    知ったかぶりの記者か?
    初代プリウスが出た時欧米の自動車メーカーは”売れるワケないじゃん あはは”
    と馬鹿にしてた もちろん”EVだぜ未来は”と思ってた

    ところが開発を重ねても思うような性能向上が出来ない 業界でのバッテリー統一化
    (バッテリーを乾電池のように取り換え):外したモノは充電 も各メーカーの思惑で頓挫

    そんな時ハリアーHVが発売 モーター+エンジンで走行出来る もちろん動力性能が向上
    ”HVって速いじゃん” という認識となった でそれからトヨタHVはモーター+エンジンで走るようになった

    ダウンサイジングターボのゴルフも似ている エンジンは小さくなったがターボ+スパーチャージャーで
    動力性能を向上し ”ダウンサイジングターボ速いじゃん” という認識で売れていった

    欧米では燃費がいいだけでは買ってくれない ”速いじゃん 燃費もいいし”

    日本では現在30歳くらいの人たちから ”中学校で習いましたよ環境問題”
    で自分は燃費のいい車に乗ってる(環境に気を使ってる:どうだ!偉いだろ!)という気持ちになるらしい
    同世代の人間に自慢できるようだ?

    最後にCVTがどうのと言ってる人がいるが CVTは型式”コンティニアスバリアブルトランスミッション”の略なので
    ベルトの事を指して言わない 無段変速 です

    ガラパゴスはリーフの方だ 欧米ではEV充電プラグの規格統一をした 事実上の他国製品の追い出しだ
    日産がEVステーション建設を進めない限り欧米では売れない 買えない 充電できない
    内情を知らない日本人は安売りする リーフ を買ってくれないと困る だな

  9. 別に世界でなくても日本と友好国だけでいいのではないですか?
    もう技術を海外へ出すのはやめましょう シャープも東芝も最悪売るなら
    特亜でなく 日本と友好のある国にしてほしい 
    もっと政府と国民は日本の技術を守るべきだ
    いずれ後悔する時がくるとおもう

  10. Q.ハイブリッド車人気、なぜ日本ばかり?

    A.日本人がバカだから

  11. アメリカ全体の売り上げの総数に対するハイブリッド車の売り上げの割合を議論しても、日本と比べたことにはならないと思いますね。私はサンフランシスコに住んでいる者ですが、サンフランシスコ〜シリコンバレー地区でのプリウスの人気は驚くほど高いです。目にする数は東京でみるプリウスの数と同じかそれ以上ですね。北カリフォルニアだけでなく、南のロサンゼルスまで大きな街では相当な人気です。都市部を離れると荒野が広がるアメリカとは環境が大きく異なるので、アメリカの都市部と日本の都市部で比べてみたら消費性向の違いがわかると思います。

    カリフォルニアを離れアメリカ全土でも言えることですが、大きな都市部ではハイブリッド人気は日本と変わりませんよ。全体の統計値ではその部分は汲み取れないのですが。日本と違うのは、都市部を離れると荒野が続く過酷な環境になるので、トラックやAWDがよく売れます。また、都市部と地方の収入格差も大きいので複雑なシステムを積む車より車体価格の安いものが日常の足として売れています。

    ちなみに、カリフォルニアでは法律で12歳までの子を学校に毎日送り迎えしてあげなければいけないので、25キロ程度しか走れないPHVも人気です。毎日そのくらいの距離だけ乗るチョイ乗りのセカンドカー需要があるってことですね。

  12. 2014/12、ロスへ行って驚きました。何故なら、プリウスばかり走ってましたから。タクシーは、7〜8割、プ、、、でした。タクシーの運転手にも話をききましたが、運転手仲間でも、プ、、、の人気はスゴイ!
    人気がない、とは、アメリカ行ったら、絶対に思わないでしょうね。

  13. ヨタ公がHVばかり見てる間に欧州は遠くにイッてしまい、全く追いつけないんだよ。

    MAZDAやSUBARUしか期待できんな。

  14. 日本の車検制度や、古い車に過課税するなど、古い車を性能の如何にかかわらず廃車に導く資源に対するガラパゴス化のほうが大きいでしょう。日本車の性能向上からの視点では車検制度等が作られた時代の何倍もの耐久性になっています。食糧しかり、衣料しかり、資源の無駄使いが公サイドから推進されている現状です。日本があらゆる面で規制緩和をしなければ、日本の生産性は先進国の末席から脱することもできないでしょう。国内の自動車メーカーは国内においては道路整備を含めて莫大なインフラの恩恵を受けて国内で優位な恩恵を受けているといえます。早い時点で資源浪費型の産業構造から脱するべきでしょう。

  15. 記者さんは何を言いたいのでしょうか?『ハイブリッドは日本以外では人気が無い。日本は遅れている。』ということ?話が論理的かどうかは、前提となる話のパーツの信憑性にあると思いますが、その辺りが怪しい感じが拭えないので、この記事を『なるほど』と思って読むことが出来ないのだと感じました。

  16. 実際モンゴルでは排ガス問題でハイブリッド中古車に税制優遇があって二代目プリウスの中古が飛ぶように売れたという話もありますしね。
    アジアでは道路環境が日本に似ている、あるいは日本より渋滞が劣悪であり燃料電池普及までの前段階としてハイブリッドの需要があるのは間違いないでしょう。
    問題は中国を含めてハイブリッド車を運用整備するだけの仕組みが販売店になく、迷いがある事でしょうかね。

  17. ヨーロッパとかは見た目や走り重視なんでしょうね。気持ちわかりますよ。ストップ&ゴーばかりでとろとろ運転では車がちっとも楽しくない。でも日本は車の楽しさより実用性で買う人が多い。だから国内においては何の問題もない。そのような意識の差もあるのでしょう。15年位前にイタリアでタクシーに乗ったら高速道路で180キロ近く出されてメチャメチャ怖かった思い出があるけど、スペインとかでもそうだったけど、あっちの人はみな天才的運転テクニックが凄くて車をまるでオモチャのようにスイスイ操作し、小脇で見ているだけでも爽快だった。そして一緒にいた日本人ガイドの女性が「日本人はこちらではなかなか運転できないのよ。彼らのように出来ないから・・・」と言ってました。車そのものへの価値観が違うんだなぁって感じがしました。

  18. ガラパゴス化はいけないことですか?
    独自性があっていいと思いますけどね。
    それぞれの国々で好みがあることは当たり前だと思います。
    こんなことを記事にした意味がわかりません。

  19. ストップアンドゴーで燃費良い/高速で燃費悪い

    もういい加減にこのウソやめませんか?
    なんで日本の自動車評論家ってこぞってこのウソを
    つき続けるんでしょうか?疑問でなりません。

    30系後期型のSを新車で買って5万キロ近く走りました。
    都内環八の輪の中の一般道だけで1タンク走ると区間表示で
    17~19㎞/Lにしかなりません。
    湾岸線などの高速を多く使うと21~23㎞/Lぐらいです。
    ほぼ高速道路のみで23区内から那須湯元までを往復
    (周りの流れに合わせて85~105で巡行)すると、
    何度もやりましたがいつも26㎞/L以上の表示になります。

    高速道路のほうが断然燃費良いですよ、評論家の方々。

  20. 日本のガソリン価格は二重課税で高いから

  21. トヨタ買っておけばメンツも立つし誰にも文句を言われない、スタンドがいくら遠くてもガソリンは1円でも安い方が良い、つーかガソリンは入れたくない、エンジンもかけたくない、でもクルマは必要。というみみっちくケチなコンセプトがHVに妙にはまるので、売れるんでしょう。
    実際、エンジン始動が罪悪感に結びつくため、公道上でHV車は軽よりも遅く、ぎくしゃくと動くシケインと化してそこら中に渋滞を蔓延させているでしょ。後ろから見ていて怖いくらいに走りが不安定なので、運転者もヘタクソが多いでしょう。
    燃料代と車両価格を総合したトータルのランニング・コストではシンプルなガソリン車の方が断然安上がりなので、見栄を張らないケチな人はVWポロとかUPを買うんですよ。その方が正解。軽はエンジンの気筒容積が小さすぎてネンビが悪く、選択肢にはならない。

  22. ご承知の通り、プリウス等のハイブリッドはモーターアシストのお陰で町のり燃費のみならず、日本の法令速度では、かなり速いし静かである。燃費もよい。

    高速で飛ばしても余裕で登坂車線も走れます。あまりバッテリー残量意識しなくても重たいプリウスαで。

    バッテリ交換も、実はターボがいかれてタービン交換するより安いくらいかも。

    むしろダウンサイズターボは日本に向いてないと思います。まして欧州車はハイオクだし。
    BMWとかもわかっているから、ハイブリッドに挑戦してるようですが技術的に無理みたいですし、
    トヨタのハイブリッドシステムを他のメーカー使っても制御が難しく?採用が出来ないとも。。日産でフーガ1代だけ採用したけどダメ。と聞きました。
    元々1994年?くらいから当時のラブ4とパナソニック電池で地道に開発してたので、よくここまでハイブリッド完成したな、と思います。
    あとはこれからはリチウムイオンが主流になると思いますが、ニッケル水素のハイブリッドバッテリーよりは、
    かなり高価ともききますので、ここをどうクリアするかだと思います。

    100万キロバッテリー無交換のプリウスは2型のニッケル水素だし、、

  23. クルマのみならず根幹に関わる"新技術"は過渡的なモノで煮詰まっているようにも見えます。 更なる進歩にはSFばりに"地球外クラス"の凄いブレイクスルーが必要! 私が免許を手放す頃になってもレシプロ単体のクルマが王道でしょう…

  24. いつの話してんだ。
    もう、国産車の方がはるかに上。無知だなー

  25.  真面目な日本人が、大メーカーの戦略に乗せられた結果ですね。
     普通に考えれば、むしろコスト高であることは解るはず。
     ハイブリッド車は、省ガソリンであって、決して省エネではありません。
     普通車より電池は大きいし重い。セルもオルタも普通車より大きくて重い。エンジンだけでも重いのに、モーターまで入っている。走る為に必要なエネルギーは、重さに比例するんです。中学理科の常識。
     効率の良い(でも、結局たいして変わらない)セルやオルタやモーターを作る為に、希土類(今は余り使っていない)や技術改良が必要で、ここでもコストがかかる。
     結局、ただの金食い虫で、重いのです。
     ガソリンを使わないだけ。
     これの何処が、省エネなんでしょうか?
     真面目な日本人ほど、大メーカーの宣伝に乗せられて、自分は社会に貢献していると思っている。こういう人は、科学的にどう説明しても聞く耳を持たない。
     我が国には、大変よくある話ですね。