新東名延伸、東京側は茨の道? 開通で大混乱の可能性

新東名高速道路が2016年2月、愛知県内へ延伸。利便性が増しますが、問題は東京側です。未開通の御殿場JCTから東には、「むしろ開通しないほうが……」とすら思える懸念があります。

新東名は戦艦「大和」並みのムダ?

 先日伝えられたように、新東名高速道路の浜松いなさJCT~豊田東JCT間およそ55kmが、2016年2月中に開通する見通しとなりました。

 これによって、東名高速の岡崎IC付近を先頭に上下線で恒常的に発生している自然渋滞は、ほぼ解消されるはずです。

2016年2月中に開通する見通しの新東名・浜松いなさJCT~豊田東JCT間(画像出典:NEXCO中日本)。

 今回の開通見通しについて、マスコミ各社の報道は歓迎一色ですが、それについては実に隔世の感があります。10年あまり前に道路公団民営化が議論されていた当時、新東名は“戦艦「大和」並みのムダ”と総攻撃をらっていたのですから。

 私(清水草一)は当時、建設予定路線沿いを走って自ら確かめたうえで、「東名・名神はパンク状態であり、ここまで造ったからには建設続行が合理的」と主張しましたが、そんな声に耳を傾ける人はおらず、「高速道路建設は悪」の大合唱でした。

 確かに10年前までは、談合事件も起きるなど道路公団は非効率的な建設手法を採っていました。その債務は年々膨らんで40兆円近くに達しており、いずれ“第二の国鉄”になるのは確実といわれていました。

 しかし現在は、道路公団の民営化によって劇的なコストダウンが図られ、NEXCO各社は毎年順調に債務を返済しつつ(合計債務残高は29兆円に減少)黒字経営を達成しています。当時、道路公団民営化に対して「骨抜き」「大失敗」との烙印を押し、新東名・新名神の建設続行を「裏切り」「ムダ」と一刀両断していた大新聞は、自らの見識のなさを真摯に反省していただきたいものです。

この記事の写真一覧

  • 新東名・海老名南JCT付近(上)と伊勢原JCT付近(下)の計画図(画像出典:NEXCO中日本)。
  • 建設中の新東名・新城IC付近(2015年11月、清水草一撮影)。
  • 2016年2月中に開通する見通しの新東名・浜松いなさJCT~豊田東JCT間(画像出典:NEXCO中日本)。
1 2 3

関連記事

最新記事

コメント

17件のコメント

  1. 新湘南バイパスを早く朝比奈JCTまで延伸させて、都心への交通を東名側と湾岸線側へと分散させるしかないでしょうね。

  2. 横浜新道につなげることは無理なんですかね?

  3. 伊勢原JCTは不要では?全て圏央道経由にすれば交通の錯綜が緩和されると思います。

  4. 千葉県民にとっては新東名の開通は悲願。
    大和トンネルを経由しない湾岸線へのバイパスを是非とも実現してほしい。

  5. 東富士五湖道路を御殿場まで延伸して東名に接続し、西からの車を中央道に分散させるのは如何でしょうか。
    もっとも中央道も結構渋滞しますが、圏央道経由で関越・東北道方面へ行く車には便利かもしれません。

  6. Tさんの仰る通り、横浜新道経由で第三京浜道路につなげればよいと思う。

  7. 横浜環状の北西線~南線の間を具体化させてそこに向かって伸ばすのが一番いいんだけどね
    そうすれば圏央道を通らず横浜環状経由で
    横浜青葉から東名、都築から第3京浜、生麦で横羽線、大黒ふ頭で湾岸線と
    選びたい放題になる

  8. 第二東名海老名南JCと狩場JCTを直線的に結んで最短距離で湾岸方面に抜けられるのがよいと思います。

  9. 一応の方向性は決まってるよね
    横浜環状の西側を作ってその泉区の辺りから西に海老名南までつなげる
    外環の東名以南と第三京浜もつながってるだろうから
    海老名南→横浜環状西線→第三京浜港北→外環ってのが一応は東名のダブルネットワークに
    ただし何年かかるかは知らん

  10. 第二東名の必要性の肝心なところがわかっていないですね。第二東名で最も必要なのは御殿場から東京側です。特に御殿場から厚木付近までは迂回路になる道が不足しています。そのため事故などで東名高速が閉鎖された場合は、とんでもない渋滞を引き起こし付近の住民の方に迷惑をかけています。その現実をわかっていません。30年以上前からほしかった道ですね。お金はかかりますが、海老名から横浜方面につなげてほしいですね

  11. なんか内容が中途半端。
    道路クレクレ+マスゴミ批判なら反対するプロ市民を押し切って道路建設をしろくらい言ってもいいんじゃね?
    ただ「行革」には背くことになるがな。

  12. 藤沢~釜利谷間の横浜湘南道・横環南線を作って、湾岸への迂回ルートを作るのが現実的。(T~さんのおっしゃる通り。)そしてこれは新東名の全通前にやらねばいかんね

  13. 2往復、新東名の新しい区間を使用しました。
    PASAも広いですし、ありがたく思います。
    上り、下りが以外に激しいのと、道幅が以外と狭いのには、がっくりですが、
    なにわともあれ、開通は、ありがたいです。
     このたび、中央道にて、登坂車線を通行車線にし、右端の車線を追い越し車線にした区間がありますが、
    大賛成です。
    やっと、気付いてくれた!と思います。
    トレーラーの運転手ですが、もう、登坂車線で譲らない、入らない。と思うところが、沢山あります。
    譲っても、合流させてくれないからです。
    また、昔と違い、性能の向上で、そこまで遅くないです。
    こちらをドンドン進めてもらってください。

  14. 千葉県君津市にすんでいます 現在 君津市~京都ルートは

    アクアライン~保土ヶ谷バイパス~東名横浜町田を通っています

    平成32年からは  君津市~アクアライン~首都高湾岸線~横浜横須賀道路~釜利谷JNC~横浜環状南線~横浜湘南道路~藤沢Ic~海老名南JNC~伊勢原JNC~東名を利用するつもりです  

     平成32年度末には新東名伊勢原JNC~御殿場JNC~豊田東JNCを利用します

  15. 海老名ジャンクションの渋滞問題が解消の後に問題となるのは伊勢原ジャンクションの
    問題だろう。
    新東名にはインターが設置されるが、現東名の名古屋方面からは伊勢原ジャンクション
    を通過しても降りれない問題が発生するだろう。
    そこで、
    ①現東名の伊勢原バス停付近には東海大学病院への搬送路として緊急出入口があるが、
    そこを「伊勢原仮南出入口」として、ETC専用のスマートインター化にする。
    ②伊勢原ジャンクションの構造を変更し、東海大学病院付近に
    「名古屋方面:現東名→新東名:厚木南IC方面」に出口
    と「厚木南IC方面:新東名→現東名:名古屋方面」に入口
    を設置する。
    ③伊勢原ジャンクションを再改良して、「伊勢原北IC:新東名⇔現東名:秦野中井IC」
    の両方向共に連絡路を新たに設置する。
    以上の3っの案により、現東名の名古屋方面から降りられない問題を解消したらどうか

    今のままでは伊勢原ジャンクションが出来ても、名古屋方面からは「ジャンクションを
    通過しても伊勢原インターに降りられない」問題が発生する。大山登山観光で観光客が
    増えれば、この問題は発生する。
    「伊勢原ジャンクション」は名称からいっても紛らわしく、げんに横浜市営地下鉄で「
    新横浜」と「新横浜北」と間違えて降りてしまう利用客が続出する(後に「北新横浜」
    と駅名を変えた)
    約20年前に新東名高速道路の説明会を聞きに行き、新東名の伊勢原インター設置後の現
    東名からの経路について質問したら、「秦野中井ICで降りて、建設予定の「厚木秦野道
    路」を通って、新東名の伊勢原インターで降りる形になる」との回答であった。
    これでは、秦野中井ICまでの東名高速料金にプラスして、厚木秦野道路の有料道路代が
    加算され、伊勢原インターに降りる車は料金の「二重取り」になるのではないか。
    時間がかかる上に料金の二重取りでは、伊勢原市民は納得しないであろう。

  16. 横浜環状南線の開通と新湘南バイパスの延伸を急ぎつつ、御殿場から東富士五湖道路を接続させて混雑時の中央道への逃げ道を整備してみたら。

  17. 人も車も東京一極集中を解消したほうが得策でしょうね。そのほうが人口減少に悩んでいる地方にとってもメリットがありそうですし・・・・・・・