「不死身の攻撃機」A-10 繰り返される再評価 今回もイスラム国で

これまで何度も「不要」とされながら、見直されているアメリカ軍の攻撃機があります。A-10「サンダーボルトII」。今回もイスラム国で、見直されたようです。

不死身のイボイノシシ

 アメリカ空軍が保有するA-10「サンダーボルトII」攻撃機は、戦場上空を低速かつ低高度で滞空。要請があれば即座に敵勢へ爆弾などを叩き込む、「近接航空支援」専門の軍用機です。A-10は多少の反撃にも耐え得る装甲を有し、戦車さえ葬り去る30mm機関砲を筆頭に多彩かつ大きな兵装搭載量を誇ります。

機首に強力な30mm機関砲を装備するA-10攻撃機(写真出典:アメリカ空軍)。

 この「ウォートホッグ(イボイノシシ)」とも呼ばれるいまどき珍しい対地攻撃専用機であるA-10を、アメリカ空軍は退役させようとしています。そしてA-10を削減した分の予算をF-16「ファイティングファルコン」やF-35「ライトニングII」のような、空中戦も対地攻撃もできるマルチロールファイター(多用途戦闘機)の維持に充てようとしているのです。

 ところが2016年1月、A-10を2021年までに全機退役させる計画が見直され、無期限にその退役を延期する見込みであることが報道されました。ISIS(イスラム国)に対し、先述のような特徴を持つA-10が極めて有効だと再認識されたことがその理由といいます。

 A-10はこれ以前にも、たびたび「不要な存在」とされながらその都度、よみがえりました。まさに「不死身のウォートホッグ」です。

この記事の写真一覧

  • 160130_a10_03
  • 160130_a10_02
  • 160130_a10_01
1 2 3

関連記事

最新記事

コメント

6件のコメント

  1. サンダーボルト。復活は現場からの要求です。これは対地攻撃専用で訓練された専門家が専門の爆撃機装置を使い接近して攻撃する。代わりのプランがだめで、遠くからのスタンドオフ。爆撃機には、簡単な対地攻撃のもので射撃手も訓練不足で慣れてない。敵味方識別装置がダメだという。爆撃場所近くの人への誤爆が多く不満が出ていた。サンダーボルト復活の理由。直線で回避もでき正確な爆撃機。これが理由。

  2. なにしろ、第二次大戦でのドイツのスツーカ急降下爆撃機のエースパイロットであった、ハンス ウルリッヒ ルーデル元大佐が開発に加わった、名機。はっきりいって、今後も元も必要とされる機体だろう。このような機体は、第二次大戦時から必要とされた機種。またとにかく彼の成績がすごい。以下は公式記録なので、実際の戦果は、もっと大きいだろうともいわれている。
    戦績[編集]
    出撃回数 2530回(内、Fw190FやFw190D-9での出撃が430回ある)
    被撃墜回数 30回
    戦闘による負傷 5回
    ソ連軍によってかけられた賞金10万ルーブル(現在の日本円にして、およそ5000万~1億円)
    戦果
    戦車 519輌(この数は戦車部隊一個軍団を撃滅したのに相当する)
    装甲車・トラック 800台以上
    火砲(100mm口径以上) 150門以上
    装甲列車 4両
    戦艦 1隻(マラート)(ルーデルの爆撃によって2番主砲塔より前部(一番主砲塔・艦橋・一番煙突含む)を失い大破着底。マラートはこの後も残った砲を用いて戦闘に参加するも、ドイツ軍地上部隊からの砲撃もあって1942年末までにすべての主砲を下ろし半ば放棄されている。終戦後数年を経て浮揚・修理された)
    嚮導駆逐艦 1隻
    駆逐艦 1隻
    上陸用舟艇 70隻以上
    航空機 9機(戦闘機 2、爆撃機 5、その他 2。9機のうち1機はJu87G型の37mm砲によって撃墜されたものである)

  3. なんで空軍?陸軍で運用すればいいのに

  4. 制空も阻止攻撃もできないCAS専任機が故に地上軍と一体運用するしかない
    だから陸軍の作戦機ではないが陸軍掩護に掛かりっきりとなる論ですか?
    これってどっかの有識者さんのツイート丸パクリですよね?筆者さんは了承得てますか?

    • Wikipediaに書いた文パクってくれたのも、ここのりものニュースじゃなかったかな?

      それはともかく。陸軍航空隊って米軍に昔々なかったっけ?今もヘリ運用してるんだから、そんな感じにしても良いように思う

  5. 劣化ウラン弾さえ使わなければ傷の無い最高の機体なのになぁ