日比谷線・虎ノ門新駅(仮)建設開始 オリンピックまでに開業へ

東京メトロ日比谷線で、虎ノ門新駅(仮称)の起工式が実施されました。将来、この新駅周辺は「交通の結節点」になる予定です。

「虎ノ門ヒルズ」付近に

 東京メトロ日比谷線へ新たに設けられる虎ノ門新駅(仮称)について2016年2月8日(月)、起工式が行われました。

 UR都市機構が事業主体となり、東京メトロが運営管理を行う予定の虎ノ門新(仮称)は日比谷線の霞ヶ関~神谷町間、国道1号線と環状2号線の交差点付近、「虎ノ門ヒルズ」付近に開業。線路をホームで挟む形の「相対式」で建設されます。

 工事にあたっては、既設トンネルに影響を与えない「アンダーピニング工法」を採用するとのこと。日比谷線を運行しながらそのトンネルの両側と直下を開削し、駅を設ける形です。

虎ノ門新駅(仮称)の場所、構造のイメージ(画像出典:東京メトロ)。

 最終完成は2022年の見込みですが、開業は2020年の「東京オリンピック・パラリンピック」前が予定されています。

 また、この虎ノ門新駅(仮称)周辺ではバスターミナルを整備し、「東京オリンピック」で競技エリアになる臨海副都心方面とのあいだに「BRT(バス高速輸送システム)」を運行する計画が進められています。

【了】

この記事の写真一覧

  • 160209_toranomon_01

関連記事

最新記事

コメント