電車とバスの博物館、今日再オープン 初の親子用運転シミュレータも 東急

東急電鉄の「電車とバスの博物館」が2月19日、リニューアルオープン。鉄道系の博物館で初という「キッズシミュレーター」の導入など親子でより楽しめるようになったほか、「8090系シミュレーター」はこだわりがさらに増大。幅広い人が楽しめるようにされています。

鉄道系博物館で初のシミュレータ

 東急電鉄の「電車とバスの博物館」が2016年2月19日(金)、リニューアルオープンします。川崎市宮前区の田園都市線・宮崎台前にある施設で、同地で開館してから10年以上が経過したことを機に昨年9月28日、一時休館。リニューアル工事を行っていました。

「電車とバスの博物館」に保存されているデハ200形。その見た目から「ペコちゃん」などとも呼ばれる。不二家のキャラクターが由来(2016年2月、恵 知仁撮影)。

 リニューアルされた「電車とバスの博物館」は、親子が一緒により楽しめる内容になっているのが特徴のひとつです。

 新たに導入される「キッズシミュレーター」は、運転する子ども1人を挟んで大人が座れるようになっており、親子で電車の運転士気分を味わうことが可能。鉄道系の博物館では初の導入といいます。

 またこの「キッズシミュレーター」では、自分でデザインした東急5000系電車を対向列車として登場させることも可能。デザインした車両は印刷し、ペーパークラフトにして持ち帰りができます(1枚200円)。

この記事の写真一覧

  • 160219_tokyu_02
  • 160219_tokyu_01
1 2

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 入館料が従来の2倍になったのとシュミレーター有料化は痛手ですがこれまでより充実しているようですし 楽しみです