コミケカタログのイラストがズラリ りんかい線開業20周年きっぷ

りんかい線が開業20周年にあたり、記念きっぷを発売。「コミックマーケット」のカタログイラストを掲載するという、個性的なものになっています。

コミケ輸送で活躍しているりんかい線

 東京臨海高速鉄道(りんかい線)は2016年2月18日(木)、開業20周年の記念きっぷを発売すると発表しました。

 こうした記念きっぷでは、台紙の内容がその路線歴史などを紹介するものになっている例がよく見られますが、「りんかい線開業20周年記念入場券」の台紙には、裏面に世界最大規模の同人誌展示即売会「コミックマーケット」のカタログに使われたイラストが掲載されています。

「りんかい線開業20周年記念入場券」の表面(上)と裏面(画像出典:東京臨海高速鉄道)。

「コミックマーケット」が開催されるのは、りんかい線沿線の「東京ビッグサイト」。そしてりんかい線では2011(平成23)年冬の「コミックマーケット81」から、そのカタログの表紙イラストなどを用いた1日乗車券を用意しています。

 今回、りんかい線が発売する「りんかい線開業20周年記念入場券」は、その1日乗車券の図柄を集めて台紙裏面に掲載。そのため近年の「コミックマーケット」カタログの表紙画像が、ズラリと並んでいます。

 価格は1部530円で、3月30日(水)からりんかい線の各で800部が発売されます(売り切れ次第終了)。

 りんかい線は1996(平成8)年3月30日に、新木場〜東京テレポート間が開業。そして2001(平成13)年3月31日に東京テレポート駅から天王洲アイル駅まで、2002(平成14)年12月1日に大崎駅まで延伸し、全線が開業しています。

【了】

この記事の写真一覧

  • 160222_rinkai_01

関連記事

最新記事

コメント