ピンク色で活性図る鳥取、SLもピンクに 若桜鉄道

「ピンク色」で観光活性が行われている鳥取で、駅、カレー、醤油に続き、「黒」が代名詞であるSLも、その色を身にまとって走ることになりました。

鳥取の新たな「ピンクスポット」として

 鳥取県東部を走る第三セクター鉄道の若桜(わかさ)鉄道は2016年3月12日(土)、SLをピンク色に塗り替えて期間限定で走らせると発表しました。

 同社が若桜(鳥取県若桜町)構内で体験・展示運転に使っているSL(C12形167号機)を、「新たなピンクスポット」としてピンク色に塗装するもの。1938(昭和13)年に製造され、国鉄で活躍した本物の蒸気機関車をピンク色にします(現在、このC12形167号機は石炭の燃焼で発生させた蒸気ではなく、圧搾空気で走行。基本的な動く仕組みは同じ)。

新たな「ピンクスポット」になるC12形蒸気機関車167号機の完成イメージ(画像出典:若桜鉄道)。

 2013年6月9日、同じく鳥取県東部を走る第三セクター鉄道の智頭急行が、恋山形駅(鳥取県智頭町)を「ピンク」で装飾しました。名称に「恋」を含む日本で4つしかない駅であることから、智頭急行が地域活性化を目的に駅舎やベンチ、看板などをピンク色に塗装したものです。

 この恋山形駅には「ハート形モニュメント」や「幸せの鐘」なども設置され、全国から多くの夫婦やカップルが来訪。若桜鉄道によると「恋愛のパワースポット」として鳥取県を代表する観光地になったといい、同県ではその後、カレーや醤油もピンク色になり、販売が行われています。

 そうしたなか新たな「ピンクスポット」として、「黒」が代名詞であるSLも“ピンク化”された形です。

 このピンク色になったSLは、2016年5月1日(日)から8日(日)までの期間限定で、若桜駅構内を走行する予定とのこと。なお、語呂合わせで「恋の日」とした5月1日(日)には、同駅で「ピンクSL」のお披露目式が行われる予定です。

【了】

Writer: 恵 知仁(鉄道ライター)

鉄道ライター、イラストレーター。「鉄道」や「旅」に関する執筆活動や絵本の制作を行っているほか、鉄道車両のデザインにも携わる。子供の頃からの旅鉄&撮り鉄で、日本国内の鉄道はJR・私鉄の全線に乗車済み。完乗駅はJRが稚内で、私鉄が間藤。メインは「鉄道」だが、基本的に「乗りもの」好き。

この記事の写真一覧

  • 160312_wakasa_01

関連記事

最新記事

コメント

5件のコメント

  1. 鉄道ファンですが、はっきり言って悪趣味です。

  2. ヤン車まるだし!
    かっこいいよ!
    ありがとう鳥取!
    合成でもありません!
    ショッキングピンク!

  3. これは無いな…

  4. 気でも狂ったか!若桜鉄道!

  5. 一鉄道会社のではなく国民の遺産である蒸気機関車を、ごく一部の人間の思い付きで他の同意も得ず悪趣味な色に塗る。
    猛省を望む。