ピューロランド最寄り駅を“サンリオの世界”に 京王

「ハローキティ」が京王多摩センター駅の名誉駅長に就任。そのラッピング電車の運行が始まりました。また今後、同駅は“サンリオの世界観”に包まれていく予定で、すでにその雰囲気が出ています。

「サンリオピューロランド」の最寄り

 2016年3月12日(土)、「ハローキティ」が京王多摩センター駅(東京都多摩市)の名誉駅長に就任。合わせて、「ハローキティ」をはじめとするサンリオキャラクターがラッピングされた電車の運行が、京王線で開始されました。

車体に「ハローキティ」やそのトレードマークであるリボン、また「ポムポムプリン」や「キキ&ララ」たちが描かれた京王のラッピング電車(2016年3月12日、恵 知仁撮影)。

 京王多摩センター駅は、“サンリオの聖地”であるテーマパーク「サンリオピューロランド」の最寄り駅。そこで同駅の魅力を発信し、国内外からの誘客と地域活性化を目指す取り組みとして京王電鉄とサンリオが連携し、実施したものです。

 ラッピングは2001(平成13)年にデビューした9000系という電車に行われ、「ヘッドマーク」を列車の前後へ掲示。8月末までの運行が予定されています。

この記事の写真一覧

  • 160313_keio_01
  • 160313_keio_02
1 2

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. ついでに駅を移転させて駅の改札から直接ピューロランドに入れるようにできると素敵ですね。駅を降りたらもうそこはサンリオの世界ってね。その際は駅名もサンリオ(三里尾)に改称すればもっといいですね。