『みんなのA列車で行こうPC』12月発売 倒産後も続行可能なモードも搭載

都市開発鉄道シミュレーションゲーム『みんなのA列車で行こうPC』が2016年12月15日に発売されます。「ニンテンドー3DS」版『A列車で行こう3D』をベースにリファインした新作です。

「ノートPCでも動く」コンセプトに

 アートディンクが、PC用の都市開発鉄道シミュレーションゲーム『みんなのA列車で行こうPC』を発売します。

「ニンテンドー3DS」用の『A列車で行こう3D』をベースにリファインした新作で、「だれでも安心して楽しめる」「ノートPCでも動く」をコンセプトに据えて作ったとのこと。

都市開発鉄道シミュレーションゲーム『A列車で行こう』シリーズは2016年に30周年を迎えた(画像出典:アートディンク)。

 プレイヤーは鉄道会社の社長になって、線路を敷き、列車を走らせ、会社と街を成長させます。本作では、入門者向けのチュートリアルや、資金の制限がなく倒産後もプレイを続行できる「フリーモード」、3DS版に加えPC版の新規シナリオなどを収録。画面も3DS版に比べ広くなり、解像度も4倍になっています。

 発売予定日は12月15日(木)。価格は5800円(税別)です。動作環境は、OSはWindows 10/8.1/8/7(いずれも32/64bit)/Vista、CPUはCeleron 1.7GB以上推奨、メモリは2GB以上。インストール時にはDVD-ROMドライブ、インターネット環境が必須です。

【了】

この記事の写真一覧

  • 161024_minnanoapc_02
  • 161024_minnanoapc_01
1 2

関連記事

最新記事

コメント