『北の国から』『鉄道員』の舞台、過去のものに? JR北海道、3線区廃止の場合

2016年10月25日、JR北海道が3線区を廃止する方針であるとメディアが報じました。挙げられた線区には、映画やテレビドラマに登場した舞台が複数存在しています。廃止が現実になれば、劇中の光景も過去のものになりそうです。

黒板五郎、純、蛍が、初めて富良野に降り立ったが消える?

 2016年10月25日(火)、JR北海道が特に利用の少ない3線区を廃止し、バス転換する方向で沿線自治体と協議する方針を固めたと、複数のメディアが報じました。その3線区は次のとおりです。

・根室本線:富良野~新得(1430円、152人)
・留萌本線:深川~留萌(1316円、183人)
・札沼線:北海道医療大学~新十津川(1909円、79人)

 カッコ内は、100円の営業収入を得るために必要な営業費用を意味する「営業係数」(円、2014年度)と、1kmあたりの1日平均輸送人員を表す「輸送密度」(人、2015年度)です。

 JR北海道は輸送密度が500人級である場合、燃料費や乗務員経費など輸送に直接必要な経費を賄えないとしていますが、今回挙がった3線区は、輸送密度が200人未満で特に利用が少ない状況です。

 これら線区のなかには、映画やテレビドラマに登場した駅が含まれています。廃止が現実になると、物語と同じように列車が駅を発着する光景も過去のものになりそうです。

富良野市の根室本線・布部駅前に掲げられている倉本 聰さん直筆の「北の国 此処に始まる」看板(写真出典:photolibrary)。

 根室本線の富良野~新得間には、1981(昭和56)年から始まったテレビドラマ『北の国から』で物語の“出発点”となった布部駅(北海道富良野市)が存在。テレビシリーズ第1話で、主演の田中邦衛さん演じる黒板五郎はじめ純、蛍の3人が初めて富良野に降り立ち、親戚の草太兄ちゃんと合流したのがこの駅でした。駅前には作者、倉本 聰さん直筆の「北の国 此処に始まる」と書かれた木製の看板があります。

この記事の写真一覧

  • 161025_jrhhaisen_03
  • 161025_jrhhaisen_02
  • 161025_jrhhaisen_01
1 2 3

関連記事

最新記事

コメント