港北ICの入口位置、12月に変更 首都高K7横浜北線の建設で

2016年12月12日、首都高K7横浜北線の建設に伴い、第三京浜・港北ICの入口位置が変更されます。

2017年3月には「首都高K7横浜北線」が開通

 NEXCO東日本関東支社と首都高速、横浜市道路局は2016年11月2日(水)、首都高K7横浜北線の建設に伴い、第三京浜・港北IC(横浜市都筑区)の入口位置を12月12日(月)午前4時に変更すると発表しました。

港北IC入口の位置が2016年12月12日に切り替わる(写真出典:NEXCO東日本)。

 現在の入口は「第三京浜港北IC入口」交差点ですが、変更後、港北ニュータウン方面からは新設される「港北右折立体橋」で、新横浜方面からは左折で、それぞれ港北ICに入る形になります。なお今回、出口は変更されません。

 2017年3月には首都高K7横浜北線(生麦JCT~横浜港北JCT)が開通し第三京浜とつながる予定ですが、一般道からK7横浜北線に入る場合、当面は港北ICではなく、K7横浜北線に新設される新横浜入口を利用する必要があります。

【了】

この記事の写真一覧

  • 161102_kohokuic_02
  • 161102_kohokuic_01
1 2

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 町田立体開通で渋滞が大幅に緩和したからこの横浜環状線の必要性は薄くなってしまったような感じがする。
    しかも、大井JCT以南は中央環状線開通も相まって必要性が薄れている。

    何故なら、大井JCT~中央環状線~渋谷線~東名と言うルートが主流になっているし、保土ヶ谷バイパスの町田立体の影響で尚更、必要性が薄くなってしまった。