「ヨコハマネイビーブルー」の給湯器、本日発売 相鉄車両と色がおそろい

相模鉄道9000系リニューアル車両の運行を記念して、2016年11月14日、車両と同じ「ヨコハマネイビーブルー」の給湯器が発売されます。

実物見本の展示も予定

 相鉄リフォーム(横浜市泉区)とガスター(神奈川県大和市)が2016年11月14日(月)、「ヨコハマネイビーブルー」の給湯器を発売しました。

「ヨコハマネイビーブルー」に塗装された給湯器のイメージ(写真出典:相模鉄道)。

 これは、相模鉄道を中核とする相鉄グループが2017年12月に創立100周年を迎えることから、相鉄線沿線の企業とタイアップし沿線活性化と認知度向上を図る初めての取り組み。横浜をイメージした濃紺色という「ヨコハマネイビーブルー」は、100周年に際し相鉄グループで推進される「デザインアッププロジェクト」において、キーカラーとして採用された色です。

 給湯器は、その「ヨコハマネイビーブルー」をまとった9000系リニューアル車両の運行を記念して発売されます。商品の概要は次のとおりです。

・リンナイ24号給湯器「RUF-E2405AW」同等品。インターホンリモコン(浴室、台所)、配管カバーH650mm付き。
・寸法:高さ600×幅470×奥行き240mm
・重さ:27.5kg
・対応ガス種:LPG、13A・12A
・主な機能:追い焚き配管自動洗浄、自動たし湯、自動湧き上げ
・発売価格:18万3000円(税別、設置工事費別、特注色塗装費別)

 発売窓口は相鉄リフォーム。12月以降には、いずみ野線緑園都市構内にある同社緑園都市駅前スタジオで、給湯器の実物見本品が展示されます。

【了】

この記事の写真一覧

  • 161114_sotetsukyutoki_02
  • 161114_sotetsukyutoki_01
1 2

関連記事

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 他社とのタイアップも重要かも知れないが、グループ内の同じ公共交通機関である「路線バス」の塗装も折角なら統一した方が良いのでは?
    数年前に鉄道と共にコーポレートカラーに統一したばかりなのに、心変わりが早いのか飽きっぽいのか鉄道はヨコハマネイビーブルーに変更ですからね~

    • 同感!

      マルーンの阪急バスも見たいぞ!