空からご来光と初富士を 「初日の出フライト」2017年も運航 JAL

2017年元旦、JALが毎年恒例の「初日の出フライト」を運航します。空から初日の出を拝み、朝日に輝く山々を堪能。機内ではおせち風の弁当もふるまわれます。

銚子沖や南アルプス上空で初日の出

 JAL(日本航空)は2016年11月15日(火)、毎年恒例の「初日の出フライト」を2017年1月1日(日・祝)に運航すると発表しました。成田空港発着、羽田空港発着の2機がチャーターされます。概要は以下のとおりです。

雲の上の“機窓”から望む初日の出(2016年1月1日、恵 知仁撮影)。

●成田空港発着(JAL2911便)
・募集定員:180人
・使用機材ボーイング787-9型機(国際線「JAL SKY SUITE787」)
・飛行経路:成田発5時45分頃→銚子沖(初日の出鑑賞)→富士山付近→伊豆諸島→成田着7時45分頃
・発売開始:11月17日(木)午前10時30分
行代金:2万5000円(窓側を含まないエコノミークラス)~

●羽田空港発着 (JAL1711便)
・募集定員:340人
・使用機材:ボーイング777-200型機(国内線「JAL SKY NEXT」)
・飛行経路:羽田発5時45分頃→富士山付近→南アルプス付近(初日の出鑑賞)→栃木県日光付近→羽田着7時45分頃
・発売開始:11月16日(水)午前10時30分
・旅行代金:2万7000円(翼上の20~34列席)~

 飛行時間は両便とも90分程度。旅行代金は大人、子供とも同額です。地上の誰よりも早く、そして確実に初日の出が見られるこのイベント。機内では「おせち風弁当」がふるまわれるほか、升酒のおみやげや、搭乗証明証ももらえます。

 このほか、関西空港、中部空港、沖縄の那覇空港でも、JALグループの機体による「初日の出フライト」が行われます。JALは、「うれしい企画満載のJALグループのチャーターフライトで素敵な1年をスタートさせて」としています。

【了】

この記事の写真一覧

  • 161115_jalhatsuhinode_02
  • 161115_jalhatsuhinode_01
  • 161115_jalhatsuhinode_fb
1 2

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 毎年申込したいと思いつつ、羽田空港・成田空港まで早朝に行きつけるかを考えると躊躇して、申込期間が過ぎてしまう。最近は年齢のせいもあって、徹夜とか出来なくなってるしな~!