立食いずし、白えび、シウマイ… 東京駅八重洲口地下に「グルメ街道」誕生

東京駅の八重洲口地下「東京駅一番街」で2016年11月、全国の味覚を提供する「にっぽん、グルメ街道」がオープン。珍しいものを含む各地の食が、そこで手軽に食べられるようになります。

函館直送のネタも

 東京の八重洲口地下1階にある「東京駅一番街」で2016年11月22日(火)、全国の味覚を提供する「にっぽん、グルメ街道」がオープンします。

「函館立喰い寿司 函太郎」の「5貫盛り」。内覧会用のメニューで、通常メニューではない(2016年11月18日、恵 知仁撮影)。

 今回は第I期の開業で、新規に登場するのは3店舗。「函館立喰い寿司 函太郎」は、北海道を中心に展開している回転寿司店が、東京へ立いずし店として初出店するものです。函館の市場で仕入れて直送するものなど、全国から旬のネタをそろえているといい、特にツブやホッキといった北海道の貝類や、自家製の締めサバなどを味わってほしいとのこと。

ネタがズラリと並ぶ「函館立喰い寿司 函太郎」店内(2016年11月18日、恵 知仁撮影)。

 アルコールも函館の「臥牛山」や増毛の「国稀」、また「大沼ビール」といった北海道のものが用意されています。席数は14で、10時から23時の営業です。

この記事の写真一覧

  • 161118_tokyo_05
  • 161118_tokyo_04
  • 161118_tokyo_03
  • 161118_tokyo_02
  • 161118_tokyo_01
1 2 3

関連記事

最新記事

コメント