渋谷駅の未来を伝えるカフェ、期間限定オープン マイボトルで割引きも

大規模な再開発工事が行われている渋谷駅周辺。その未来像を伝えるカフェが、期間限定でオープンしました。マイボトル持参で割引きも行われます。

カフェ利用なしでも見学可能

 周辺で大規模な再開発工事が進んでいる渋谷。その未来像を発信するというカフェ型の情報発信施設「Shibuya info βox Supported by ZOJIRUSHI My Bottle どこでもcafe」が、2016年11月19日(土)から期間限定でオープンしました。

工事中の敷地にコンテナを仮設し、設けられた「Shibuya info βox」(写真出典:東急電鉄)。

 場所は、渋谷駅新南口近くの八幡橋南側(東京都渋谷区渋谷3丁目23)。「遊び心で、渋谷を動かせ。」をコンセプトに、渋谷駅前でまちづくり活動「SHIBUYA +FUN PROJECT」を展開している一般社団法人 渋谷駅前エリアマネジメントが、象印マホービン協賛のもと出店したものです。

 象印マホービンは、2006(平成18)年から「マイボトルキャンペーン」の一環として全国に給茶スポットを開設するなどしており、この「Shibuya info βox」でも、マイボトル持参者へ飲料を特別価格で提供。環境対策に取り組むといいます。テイクアウトのレギュラーコーヒー、氷温熟成珈琲、有機栽培紅茶セイロン、ルイボスティーが、マイボトル持参で100円引きです。

 ドリンクのほか「プレミアムブラウンバウム」(680円)、「月替わり 自家製スイーツ」(500円)といったデザートメニューも用意されます(価格はすべて税抜き)。

 施設では、パネルや動画を用い渋谷駅中心地区の未来像や基盤整備の紹介が行われており、カフェを利用しない人も見学できます。営業時間は平日が8時から20時、土休日が12時から20時で、期間は2017年6月30日(金)までの予定です(12月27日から1月5日までを除く)。

【了】

この記事の写真一覧

  • 161121_shibuya_02
  • 161121_shibuya_01
1 2

関連記事

最新記事

コメント