ワックスが愛車をくすませる? 意外な原因、愛情のかけすぎに要注意

愛車のボディーがくすんで見えるのは、切ないものです。それを避けようと「しっかり洗車して、ちゃんとワックスもかけて」という人のほうが、実はかえってくすみやすいかもしれません。洗車のプロにその理由を聞きました。

愛車にワックス、ちゃんとかけていますか?

 大切にしている愛車、ふと気付くと色がくすんで見える、という経験はないでしょうか。スーパーの大型駐車場のような、たくさんクルマが並んでいる場所では、特にその感覚に襲われやすいもの。「うちのクルマ、こんな色だったっけ」なんて……これ、ちょっと切ないですね。

ワックスは正しい知識のもとでかけないと、かえって残念なことに(写真出典:kamolnatt456/123RF)。

 くすんで見える原因は、まず、紫外線などによる単純な経年劣化が考えられます。保管場所を変えない限り、それはもう仕方がないこと。しかし、それ以外に実は「愛情をかけて手入れすればするほど、ボディーをくすませてしまっている」という場合があります。そんなとても残念な原因、それが「ワックスがけ」です。

 見た目の問題だけでなく、クルマを良い状態でキープするためにも、洗車は大切です。しかし、「毎週毎週手洗い洗車して、きっちりワックスをかけて……」というやり方は、かえって悪影響を与える場合があります。それは、「ワックスを完全に落とすのは難しい」からです。

この記事の写真一覧

  • 161125_wax_01
1 2 3

関連記事

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. あー面倒だねぇ。
    結局愛車ケアをする理由は、下取りを高くすること以外は個人の趣味でしかないわけで、
    購入・諸経費が充分に安ければ手間をかけずに使い潰して捨てるのが楽なんだが。

  2. ワックスを個人で落とすのは現実的に困難だと事前に書いておきながら、最後にはきちんとワックスを落としましょう、は結論としておかしくないか?どうしたらよいのかの結論が見えてこない。そもそも書いたご本人はワックスを塗ったり落としたりされたことはあるんでしょうか。