「四国まんなか千年ものがたり」、全車グリーン車指定席の特急に 食事メニューも発表

JR四国が2017年4月から運行を開始する予定の観光列車「四国まんなか千年ものがたり」。その料金や食事内容が発表されました。

事は地元食材などを使用

 JR四国は2016年11月28日(月)、土讃線の新しい観光列車「四国まんなか千年ものがたり」について、運賃や食事内容、アテンダントの制服などを発表しました。この列車は2017年4月1日(土)から運行が開始される予定です。

全車グリーン車指定席の特急に決まった「四国まんなか千年ものがたり」の外観イメージ(画像出典:JR四国)。

 多度津(香川県多度津町)と大歩危駅(徳島県三好市)のあいだ65.5kmで運行される「四国まんなか千年ものがたり」は、全車グリーン車指定席の特急列車となることが決定。運賃のほか特急料金(大人1180円、子供590円)、グリーン料金(大人、子供とも1280円)をあわせると、多度津~大歩危間は大人3740円、子供2510円です。

 車内では、地元の食材などを使った食事が事前予約制で提供されます。大歩危行き列車「そらの郷紀行」の食事は、金刀比羅宮(香川県琴平町)が運営する「神椿」による「さぬきこだわり食材の洋風料理」5500円、多度津行き列車「しあわせの郷紀行」は、徳島県東みよし町の「日本料理 味匠 藤本」による「おとなの遊山箱」4500円です。乗車4日前までに、「食事予約券」の購入が必要。その購入方法などの詳細は決まり次第発表されます。

この記事の写真一覧

  • 161129_shikokumannaka_03
  • 161129_shikokumannaka_02
  • 161129_shikokumannaka_01
1 2 3

関連記事

最新記事

コメント