関連事業の記事一覧

  • 150625_tokyu_01

    相互直通運転の意外なデメリット? 「選ばれる沿線」になるには

    2015.06.25

    私鉄の経営は鉄道のみならず、沿線開発とセットで行うビジネスモデルが古くから行われてきました。東急もそうした鉄道のひとつですが、その2大看板路線である東横線と田園都市線は個性が大きく異なります。なぜそのように違っているのでしょうか、また今後、それぞれの路線はどこを目指していくのでしょうか。同社の担当者にお話をうかがいました。

  • 150624_tokyu_01

    そのままでは枯れていくニュータウン 目指すべき未来はどこに?

    2015.06.24

    私鉄の経営は鉄道のみならず、沿線開発とセットで行うビジネスモデルが古くから行われてきました。東急電鉄の田園都市線は、そうした路線の代表的なひとつです。しかし時代が移り変わるなか、高度経済成長期に開発された地域(ニュータウン)には、住民の高齢化や人口の減少など、新たな課題が発生しています。そうした状況で東急は今後、どうしていくのでしょうか。同社の担当者にお話をうかがいました。

  • 150623_tokyu_01

    原野から高級路線へ 東急田園都市線、大変化の背景

    2015.06.23

    私鉄の経営は鉄道のみならず、沿線開発とセットで行うビジネスモデルが古くから行われてきました。東急電鉄の田園都市線は、そうした路線の代表的なひとつです。どのような背景で、どのようにその開発は行われてきたのでしょうか。同社の担当者にお話をうかがいました。

  • 150622_tokyu_01

    二子玉川「発展の3フェーズ」 私鉄の雄・東急が目指すもの

    2015.06.22

    私鉄の経営は鉄道のみならず、沿線開発とセットで行うビジネスモデルが古くから行われてきました。そうした歴史を持つ私鉄のひとつ、東急電鉄の沿線ではいま、二子玉川駅周辺が大きく発展しています。かつては景勝地だったというその場所に、東急はどのような青写真を描いているのでしょうか。「3つのフェーズ」があるというその発展について、同社の担当者にお話をうかがいました。

  • 20150207_odakyu

    人口減少社会に私鉄のビジネスモデルは活きるのか 「よろず屋」化を進める小田急

    2015.02.07

    鉄道を軸にした多様なグループ会社によって、総合的な地域発展を実現してきた大手私鉄。そのスタイルは来たる人口減少社会でも機能するのでしょうか。小田急がいま、その取り組みを拡大しています。

  • 20141229_fumi

    急速にその数を減らす「踏切」 契機となったのは手動踏切の事故

    2014.12.29

    現在、踏切が急速に数を減らしています。そのきっかけは「手動踏切」で2005年に発生した事故でした。

  • 20141228_tokyu

    東急の電力小売りは再参入? 歴史的に縁が深い鉄道と電力

    2014.12.27

    家庭向け電力小売り事業が自由化されることに伴い、東急電鉄が参入を発表。「鉄道会社で初」とも言われますが、歴史的に鉄道会社と電力は深い関係があり、実は東急グループの歴史のなかでもかつて、住宅への電力供給を行っていた時代がありました。

  • 20141024_ooshimizu

    緑と白の200系新幹線がラベルに復活 「FROM AQUA」発売30周年記念で

    2014.10.24

    JR東日本グループが発売するミネラルウォーターが30周年を迎え、緑と白の初代東北・上越新幹線用の車両200系が描かれた懐かしいデザインが、駅の自動販売機に復活しました。ちなみにこのミネラルウォーター、新幹線をきっかけに誕生した商品だったりします。

関連記事

最新記事