「敵基地」新政権へ継続=中朝ミサイルに危機感―河野防衛相

 河野太郎防衛相は15日の記者会見で、安倍晋三首相が11日に発表した安全保障政策に関する談話について「首相の気持ちは新首相にも受け継がれていく」と述べ、新政権でも敵基地攻撃を念頭に置いた「ミサイル阻止力」に関する議論が継続されるとの見方を示した。

 河野氏は北朝鮮や中国を念頭に「周辺の国々が盛んに新たなミサイル技術を獲得している中で、今後わが国をどう守ればいいのかという議論はしっかりやらなければいけない」と訴えた。 

 陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の導入断念に伴うミサイル防衛策に関しては、2021年度予算案の編成までに結論を得たいとの考えを表明。配備停止を決めた自身の判断について「他に選択肢はなかった」と述べ、正しかったとの認識を示した。

【了】

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント