NZ航空、乗務員385人の追加削減検討

 【シドニー時事】ロイター通信によると、ニュージーランド(NZ)航空は16日、客室乗務員を最大385人削減することを検討していると明らかにした。北米路線を中心とした長距離国際線の運航減少に伴う措置。実施されれば、新型コロナウイルス関連の人員削減は全体の約37%に達する。

 NZ航空は既に4000人の削減を発表済み。同社スポークスマンは「いかなる決定も従業員や組合と協議して行われる」と説明。追加削減の実施時期についてはコメントしなかった。

 同航空はロサンゼルス線を毎日運航から週3便に削減。サンフランシスコ線は貨物用に転換した。

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント